So-net無料ブログ作成
QLOOKアクセス解析

百花繚乱サムライガールズ ep1 「はじめての忠」 感想 [アニメ 各話の感想 現在放映中]

百花繚乱サムライガールズ 第1話 「はじめての忠」 感想です。
百花繚乱サムライガールズアニメ版公式サイトhttp://www.hyakka-ryoran.tv/

美しい国『大日本』。
だがその美しさを羨み、我が物にせんと列強諸国は幾度となくその地を侵す。
だが、その度に立ち塞がる大日本の守護神“サムライ!”『百花繚乱』、それは美しきサムライ達が織り成す、気高き魂の物語である。
時は平誠二十某年。長きに渡り大日本を統治する徳川幕府が霊峰富士の裾野に開いた巨大学園都市“武應学園塾”では、武家の子女が集い、大日本の次世代を担うため日々勉学と武術に励んでいた。

『美しい国、大日本』

… う~ん?? なんか、こんな事言ってた総理大臣がいたような? いなかったような??

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)


2010年 秋の新アニメ! 我がブログの感想記事 第2弾は 「百花繚乱サムライガールズ」 で行ってみたいと思います!
ってもう初回放送から一週間たっちゃってますけど ^^;
なんで、こんなにもタイミングがズレたかと言うと、今季アニメの視聴作品選定が難航してるからです Σ(´∀`;)
「零の軌跡」 が面白すぎてハマってるからじゃないですよ?)

今季は放送開始前から視聴確定していた作品は 「禁書2」 と 「俺妹」 の2作品のみ。
ブログで感想を書いている関係上、後2~3作品は欲しい! でも、どれもイマイチピンと来ない…
じゃあ、1話を見てから決めてみよう! って訳で、私の環境で視聴可能な作品の1話を見てから選んでみました。



まぁ、やってみて改めて分かった事は、「1話を見たくらいじゃ面白さが判断できるはずもない」って事ですね ^^;
どれもこれも捨てがたく、かと言って強烈に惹きつけるものもない状態で、この作品を選んだのは偏に 「悠木碧」 がメインヒロインだから (*´∀`*)
そして、最近は個人的にご無沙汰だった 「釘宮理恵」 が出てるからです。
とゆ~訳で、百花繚乱サムライガールズ 第1話 「はじめての忠」 感想です。 ちなみに原作未読です。

うん! 素晴らしいテンプレ。 どっかで見たような設定に既視感ありありのキャラクターですねw
こういった作風は現状、巷に溢れてるのでどうしても似通った印象を受けてしまいますね。
そんな中で如何に 「独自色」 を出していけるか? って部分が大事だと思うのですが、まずは 「絵柄」 で差別化を図ってましたね。



水墨画? 浮世絵? 調の背景が独特で、綺麗でした。
背景がセピア調で統一されているので、人物がより映えていた様に思います。
今後、もっと明るい色使いのキャラが出て来て動くと、もっと良くなりそうな気がしますね~。

ストーリー的には始まったばかりでさっぱりですが、何となく見た事あるようなテンプレなので、補完は出来ますねw
どの分野のテンプレートも大体は 「手順の省略」 または 「品質の均一化」 に使うものですが、アニメでも意外と効果的に使えますよね。
テンプレに当てはめて展開させれば、例え描写不足でも何となく別の似た様な作品で補完できてしまう。
キャラにしても、貧乳ロリおでこちゃんに釘宮ボイスでそれっぽいセリフを言わせれば 深く掘り下げずともキャラ付けは出来てしまいますしw
歴史上の人物をモチーフにするのも、ある意味テンプレになりますしねw



ものは使いようで、テンプレ的に思ったように展開させて先入観を与えておいて、後でわざと外してギャップを演出。
なんて事も出来ると思うので、今後の描き方次第かな?

何はともあれ始まったばかり、作画・演出・音楽面も期待できそうですし、なんと言っても メインヒロインの 「柳生十兵衛」 が戦闘モードと通常モードの二面性がありそうで、2通りの 「悠木碧」 が楽しめる、一粒で二度美味しい作品になりそうでありますw

では次回 第2話 「裸体転生」 柳生新陰流究極奥義。

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)


関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
百花繚乱サムライガールズ ep2 「裸体転生」 感想記事



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:アニメ

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。