So-net無料ブログ作成
検索選択
QLOOKアクセス解析

化物語 OP まとめ [アニメ OP/ED集]

TVアニメ 化物語 オープニング集です。

OP2 「staple stable」 歌:戦場ヶ原ひたぎ(CV 斎藤千和)
OP3 「帰り道」 歌:八九寺真宵(CV 加藤英美里)
OP4 「ambivalent world」 歌:神原駿河(CV 沢城みゆき)
OP5 「恋愛サーキュレーション」 歌:千石撫子(CV 花澤香菜)
OP6 「sugar sweet nightmare」 歌:羽川翼(CV 堀江由衣

OP1


OP2 「staple stable」 作詞:meg rock 作曲・編曲:神前暁 歌:戦場ヶ原ひたぎ(CV 斎藤千和)


OP3 「帰り道」 作詞:meg rock 作曲・編曲:神前暁 歌:八九寺真宵(CV 加藤英美里)


OP4 「ambivalent world」 作詞:meg rock 作曲・編曲:神前暁 歌:神原駿河(CV 沢城みゆき)


OP5 「恋愛サーキュレーション」 作詞:meg rock 作曲・編曲:神前暁 歌:千石撫子(CV 花澤香菜)


OP6 「sugar sweet nightmare」 作詞:meg rock 作曲・編曲:神前暁 歌:羽川翼(CV 堀江由衣)


関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
化物語 ED集 まとめページ
化物語 各話感想記事


にほんブログ村 アニメブログへ
他の情報 → にほんブログ村
nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

化物語 ED まとめ [アニメ OP/ED集]

TVアニメ 化物語 エンディング集です。

EDテーマ 「君の知らない物語」 supercell

ED1(暫定ver) 「君の知らない物語」 作詞・作曲・編曲:ryo 歌:nagi


ED2(ひたぎver)


ED3(翼ver)


関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
化物語 OP集 まとめページ
化物語 各話感想記事


にほんブログ村 アニメブログへ
他の情報 → にほんブログ村
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

恋姫†無双 OP/ED [アニメ OP/ED集]

TVアニメ 恋姫†無双 第1期 オープニング&エンディングです。

OP 「flower of bravery」 作詞・作曲:志倉千代丸(5pb.) 編曲:八木沼悟志 歌:fripSide


ED 「やっぱり世界はあたし☆れじぇんど!!」 作詞:NAO・八木沼悟志・山下慎一狼 作・編曲:八木沼悟志
歌:fripSide NAO project!


関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
真・恋姫†無双 2期 OP/ED動画
真・恋姫†無双 ~乙女大乱~ OP/ED動画

にほんブログ村 アニメブログへ
他の情報 → にほんブログ村
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

アスラクライン OP/ED [アニメ OP/ED集]

TVアニメ アスラクライン 第1期 オープニング&エンディングです。

OP 「Spiral」 作詞:atsuko 作曲:atsuko・KATSU 編曲:KATSU 歌:angela


ED 「Link」 作詞:atsuko 作曲:atsuko・KATSU 編曲:KATSU 歌:angela


関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
アスラクライン2 2期 OP/ED動画

にほんブログ村 アニメブログへ
他の情報 → にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

はなまる幼稚園 ED 7・8・9・10・11・12話 [アニメ OP/ED集]

TVアニメ はなまる幼稚園 エンディング集 Ver7.0 ~ Ver12.0 です。

ED7 「黒ネコのジャズ」 作詞:NARASAKI 作曲・編曲:NARASAKI
歌:土田先生(CV 日野聡)、さつき(CV 廣田詩夢)


ED8 「撫子ロマンス」 作詞:松浦有希 作曲・編曲:NARASAKI 歌:雛菊(CV 伊瀬茉莉也)


ED9 「黒糖ドロップ」 作詞:松浦有希 作曲・編曲:NARASAKI
歌:山本先生(CV 葉月絵理乃)、真弓(CV 斎藤千和)


ED10 「僕の忘れもの」 作詞:只野菜摘 作曲・編曲:NARASAKI 歌:土田先生(CV 日野聡)


ED11 「Yes, We Can!!」 作詞:大森祥子 作曲・編曲:WATCHMAN
歌:草野先生(CV 水原薫)、川代先生(CV 若林直美)


ED12 「せかいでいちばん」 作詞:高橋菜々 作曲・編曲:NARASAKI 歌:杏(CV 真堂圭)、桜(CV 本名陽子)


関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
はなまる幼稚園 OP/ED 1・2・3・4・5・6話

にほんブログ村 アニメブログへ
他の情報 → にほんブログ村
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ひだまりスケッチ×365 OP/ED [アニメ OP/ED集]

ひだまりスケッチ×365 2期 オープニング&エンディングです。

OP 「?でわっしょい」 作詞:畑亜貴 作曲:Tatsh 編曲:安藤高弘
歌:ゆの(CV阿澄佳奈) 宮子(CV水橋かおり) ヒロ(CV後藤邑子) 沙英(CV新谷良子)


ED 「流星レコード」 作詞:micco 作曲・編曲:菊池達也 ストリングスアレンジ:ぺーじゅん 歌:marble


関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
ひだまりスケッチ 1期 OP/ED動画
ひだまりスケッチ×☆☆☆ OP/ED動画

にほんブログ村 アニメブログへ
他の情報 → にほんブログ村
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

ひだまりスケッチ 1期 OP/ED [アニメ OP/ED集]

ひだまりスケッチ 1期 オープニング&エンディングです。

OP 「スケッチスイッチ」 作詞:秋乃零斗 作曲:前澤寛之 編曲:安藤高弘
歌:ゆの(CV阿澄佳奈) 宮子(CV水橋かおり) ヒロ(CV後藤邑子) 沙英(CV新谷良子)


ED 「芽生えドライブ」 作詞:micco 作曲・編曲:菊池達也 歌:marble


関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
ひだまりスケッチ×365 OP/ED動画
ひだまりスケッチ×☆☆☆ OP/ED動画

にほんブログ村 アニメブログへ
他の情報 → にほんブログ村
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

デュラララ!! ep12 「有無相生」 感想 [アニメ 各話の感想 2010年終了作品]

デュラララ!! 第12話 「有無相生」 感想です。

携帯電話から公式サイト、MBSモバイルアクセスし、パスワードを入力して特製待受をGETしよう!(応募締切:4月8日午前0時まで)
公式サイトhttp://www.durarara.com/ パスワード → 「red」

首に傷のある女を取り戻すため帝人に襲いかかった誠二に、女の口から告げられた真実。
それは誠二を、そしてセルティを驚愕させた。
打ちのめされ呆然とする誠二と、壮絶な怒りでもって、その場を去ったセルティ。
相対した真実に、それぞれはどんな答えを見つけ出すのか・・・。
一方、そんな運命に翻弄される人々を見つめる帝人に近付く人影、それは情報屋・臨也だった。

『俺の愛は、この程度じゃ砕けない!』
『効かない! 痛みはあるが忘れる! 俺とセルティの生活に、痛みは必要ない』
『だから… 今、この場で受ける痛みに、痛みを感じない!!』

『まぁ、君は本物と偽物の区別もつけられなかった訳で…』
『アンタの愛は、その程度って事だね~… ご苦労さんwww』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・イザヤさん… それを言ってはwwwwwwwww

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
2ri1.jpgizaya7.jpg

これ、なんて最終回? 上手く纏めたな~。って訳で、デュラララ!! 第12話 「有無相生」 感想です。

ホント上手い事、綺麗にまとまりました。原作からつかず離れず、変える所は変えて、変えちゃいけない所はそのままに、付け足すべきは付け足して、間引くべきは間引いて… いや、ホントにアニメ 「デュラララ!!」 として、一つの大きな山をこの上ない出来で超えたかな? まぁ、あくまでも個人的な評価ですが。

とは言え、まだまだこの作品は続き、ようやく半分って所ですね。
今回で、原作1巻のエピソードが終了した訳ですが、今回の構成が一番、このアニメが原作小説とのメディアの違いを理解して作られてるな~って感じますね。

mika6.jpgmika3.jpg

今回の 「張間 美香が矢霧 誠二をストーキングして、部屋に不法に入って、危害を加えられるシーン」 これは原作1巻の冒頭部分です。 要は読み始めたら、真っ先にこのシーンです。
読み始めた最初、デュラララ!!に関する情報が全くない状態に、この描写ですから、まず読者は「張間 美香は死んでいる」 と植え付けられます。
さらに、このシーンで誠二と波江の異常性も匂わせているので、この段階で疑う人はまずいないでしょう。

しかし、文字媒体の原作と違い、アニメでは「張間 美香」を「張間 美香」として喋らせて動かし、後に「首に傷の女」としてもバレてしまいます… 喋った瞬間に。 しかも、物語上最低限は喋らせなくてはいけない役ですし。
ここは、もう思い切ってアニメでは一番最後に持ってきましたね~。
他にも、描写順を上手く入れ替えて、違和感ないように、視聴者が理解出来るように構成されていると思います。

mikado5.jpg2ri6.jpg

今後はどんな演出で楽しませてくれるのか! 丁度今回で半分、1巻分が終わった所ですから、次は2巻!
… だと思いますが、恐らくアニメでは3巻までのエピソードをやると思われます。
で、残り12回。・・・・・・・・・・・・・・・ 尺が足りなくね?
… と、思いきや! 実はこれまでに2巻と3巻部分の必要な部分が紛れ込んでます。巧妙にww
前もって描いておいても問題ない部分、ネタバレにならない部分。さらに伏線など巧妙に配置されています。

anri1.jpgkida1.jpg

さらに、上記した「美香の様に喋らせるとネタバレ」 って事をやってしまっている箇所があります…
そのシーンは他にも危険な描写が多々あって、見た時に 「ここまで見せて大丈夫?」 って心配した箇所でしたが、その後、他のブロガーの方々の感想を読ませてもらった限りでは、原作未読の方々は気が付いていらっしゃらないようなので、上手く行っているようです。

今後そのように巧妙に配置された伏線や仕掛けが、テンポ良く収束していくのかと思うとワクテカが止まりません!

では次回第13話 「急転直下」 次回は一週休みで 関東は4月9日の深夜ですね… 杏里ちゃんの回!早く見たい!

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
sinra1.jpgtt1.jpg2ri3.jpg2ri5.jpg3nin1.jpg4nin1.jpgdota1.jpgizaya4.jpgizaya5.jpgmika1.jpgmika5.jpgmikado3.jpgmikado4.jpgnamie2.jpgseiji4.jpgsel1.jpgsizu1.jpg

関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
デュラララ!! OP/ED 動画
デュラララ!! 第11話 「疾風怒濤」 感想記事
デュラララ!! 第13話 「急転直下」 感想記事


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(9) 
共通テーマ:アニメ

バカとテストと召喚獣 ep12 「愛と勇気と俺たちの戦いはこれからだ!(仮)」 感想 [アニメ 各話の感想 2010年終了作品]

バカとテストと召喚獣 第12話 「愛と勇気と俺たちの戦いはこれからだ!(仮)」 感想です。

最終回には様々なエンディングの迎え方があり、当初の予定通りの終わり方を迎える場合もあれば、不慮の事態により突然終了が決まり急激に締める場合や反対に・・・?!

『おはようございます、アキくん。朝ですよ』

もう絶対、出番は無いと思っていた 玲さん 三度 キタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!! 井上喜久子(17歳) 最高です!!

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
yuuko4.jpgakira3.jpg

加藤英美里さん、今回はほぼ出ずっぱりの一人二役、お疲れ様でした! って訳でバカテス第12話感想です。

今回はオリジナルって言うよりも… なんだか一番原作に近かったような…
話の流れも原作1巻に近い印象ですね、他のクラスを煽って焚きつける所や召喚獣バトルの表現とか。

ストーリーも学校をブチ壊す展開はどうかとも思いますが、上手く原作をアレンジしている感じで、テンポも良く、上手く構成されていると思います。
今思えば、これが見たかった様な気がしますね… ”序盤” に!!

yuuko6.jpghide6.jpg

え~と… 試験召喚戦争のルールって変わったんですか?? 今更、避けられるよ! って言われても…
じゃあ、今までの描写は何だったんだろうか… 一撃必殺! 先手必勝! 点数が全て!! じゃなかったのか?

原作の表現は今回と同じで、点数が低くても召喚獣の操作次第では勝てるよ! って設定が基本です。
って言うか、基本的に点数の低いFクラスが上位クラスに善戦するには、この設定を付けるしかないんですが…
アニメではこの設定は完全にオミットされているものとばかり思ってました。

2ri9.jpgsyouko4.jpg

つか、原作を読んでる人は、イキナリ試召戦争の表現が変わっても、原作準拠になるだけなんで、ついてこれると思いますが、アニメだけを観ている人はどうなんでしょうね?
自分たちの都合の良い様に、後からルールを付け足した様にも受け取れますよね…

キャラクター表現については翔子と雄二の関係とか、今までの積み重ねが生きているんですけどね~。

残す所もあと1回って所で、惜しいと言うか何と言うか…
あ、オチはアレですかね… 「木下 優子」 だけに 「KY」 だったと… www お後がよろしいようでwwww

では次回 最終回 「バカとテストと召喚獣」 葉月ちゃんをーーーーーーーーーーーー!!!!!!!

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
aiko1.jpghime3.jpgminami2.jpg2ri5.jpg2ri2.jpg2ri3.jpg2ri4.jpg2ri6.jpg2ri7.jpg2ri8.jpgaiko2.jpgaki2.jpghide3.jpghide4.jpghime2.jpgsyouko1.jpgyuuko3.jpgyuuko5.jpgsyouko3.jpg

関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
バカとテストと召喚獣 OP/ED 動画
バカとテストと召喚獣 第11話 「宿敵と恋文と電撃戦」 感想記事
バカとテストと召喚獣 第13話 「バカとテストと召喚獣」 感想記事


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:アニメ

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ep12 「蒼穹ニ響ケ」 感想 [アニメ 各話の感想 2010年終了作品]

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第12話 「蒼穹ニ響ケ」 感想です。

敵国の兵士を匿ったことで、反逆の罪に問われたカナタたち。
しかしそれでもカナタたちは、自分たちが正しいと信じる道へと進みます。
両軍が睨みあい、開戦間近の緊張した空気が漂う国境付近。
開戦を阻止するため、小隊メンバーが取った行動とは――!

『そんなの勝手よ! 我侭よ!! 自分の判断で勝手な事をして、どうするの!!』
『私達は… 兵隊なのよ!!』
『行ったら、もう… 絶対に後戻りは出来ませんよ、それでも良いんですね!』
『ならもう… 私は言う事無いです…… 好きにしなさいよ…』

こんな時、ツンデレはつらいね… クレハはホントにイイ娘だな~ (*´∀`)

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
2ri7.jpgkureha5.jpg

『ベクタ零式 自立歩行戦車 タケミカヅチ… 発進!!』遂にタケミーが動いた!って訳でソラヲト最終話感想です。

いよいよ、最終回。 終盤に来て物語が急展開し、どんな決着を見せるのか? 非常に楽しみな最終回でした。
今回の私の感想を一言で言い表すのならば、 「良い所と悪い所が混在した、評価の難しい最終回」 って感じです。

まぁ、物事には必ず良い面、悪い面があるので、言葉としては曖昧に過ぎるのですが、今回に限ってはハッキリと見て取れたので、あえてこの表現です。

kanata4.jpgnoel5.jpg

まず、悪かった点・「ホプキンスの存在。」
物語を決着させる為だけに出てきた大佐さんですが、言動の不整合がありすぎましたね。
警告も威嚇もナシで発砲しておきながら、『死んだか?』『いえ、まだ息はあります』『でかした!』 ( ゚Д゚)ハァ?
他にも喋る度、動く度に矛盾が積み上がっていきましたね。

ヘルベチア・ローマの両軍の動きも矛盾だらけで、整合性が殆どありませんでした。
カナタ達に都合の良い様にストーリーが展開し、両軍・大佐が動くので 「ご都合主義」 の典型になってます。
しかも、今までは決定的な描写は避けて、匂わす程度の表現で逃げていましたが、今回ばかりはそうも行かず、大佐に具体的に語らせました。
これが不味かったですね… あまり喋らせないで、「含み笑い」 だけしてれば良い悪役だったのに…

物語を収束させる為、悪を一身に集める為に出てきたホプキンス大佐が中途半端に過ぎました。
過去の虐殺を匂わす事は出来ても、現在のソレを描く事は出来なかった。って事ですかね。

悪い点はここまで、矛盾や不整合、展開の下手さ等、あげたらキリがありませんが、最近の私はこの作品にそのような物は期待していなかったので、これで評価が下がるとかは無かったですね。
逆に良かった点がマイナスを打ち消して、プラスに転じてます。

kanata9.jpgrio1.jpg

では、その良かった点について・「ご都合主義の中で描かれるキャラクター。」
これはもうそのままです。主人公達を良く見せる為に物語が展開するので、それが結果となって現れています。

少し成長したけど、いつも通りのカナタ。結構美味しい立ち位置のユミナ。イイトコ取りのリオ。
アーイシャとノエルの触れ合いと、その後に希望をもたせる交流。

そして、フィリシアですね。
フィリシアだけは立場が違うのか、これまでトラウマ回があっただけで心理描写の類は殆ど無く、一歩下がった位置から見守るような描かれ方で、掘り下げ等は無かったように思うのですが、今回は違いました。

firi2.jpg3nin1.jpg

7話で語った 『あの娘達には、あんな思いはさせたくない』 ってセリフの通りに、カナタ達を守る為なら何でもする心意気! 軍や国なんて関係ない、カナタ達を虐めるものはすべて排除!!
ノエルを虐めてるホプキンスに発砲するシーンの鬼の形相!? マジ、怖かったッス…
大佐に人質としての価値が無ければ、頭をブチ抜いてましたね… アレは…
フィリシアの下っ端3人娘に対する病的なまでの愛情が、ヒシヒシと伝わってきました。

行き当たりバッタリな行動ですが、とにかくリオを信じて戦争を回避したい一心で動いてる様に思いますし、結果的にドンパチやっちゃってますが、それも戦争を回避する手段なので、筋は通ってる様に感じました。

そして、その中でも今回一番輝いていたのは 「クレハ」 ですね。
泣き出したシーンで完全にやられました \(^o^)/ うるさいくらい反対していたのに、あそこであのセリフは反則すぎます。 現在、私の中のクレハ株は急騰中で天井知らずです (*´∀`)

逆にノエルは重い設定を背負わされたせいで、今回は良さがスポイルされてしまったかな?
ノエルに関しては、DVD&Blu-Ray に収録されると思われる後日談的な話に期待してます。

kureha8.jpgkureha9.jpg

最終回と言う事で、総評的な事を少し書きますと、この作品はやはりキャラクターを気に入るかどうかで評価が決まる、キャラアニメの要素が強かったと思います。
人類文明衰退後の世界観や、作中で現在行われている戦争等を匂わせて味付けしていますが、全てキャラを良く見せる為のスパイスとして使われてる様に思います。

個人的には、孤児であっても衣食住に全く不自由していない (しかも戦後) 描かれ方では、世界が終わってると言われても、あまりピンと来ませんでした。
「鳥の人(天使?悪魔?)」 や 「炎の乙女」 についても、最終話に至ってもコレといった描写も無く、「炎の乙女」の伝承なんて、最後に来て 「ローマではこうだ! 」 的な、どちらが正しいかは永遠に平行線な神話の解釈の違いにしかなっていない表現だし… その辺の設定については期待はずれでしたね。
ただ、匂わせる、有ると思わせる表現は上手いので、やはり味付けとしては成功していると思います。

私は序盤こそ、その世界観を楽しみに観ていましたが、早いうちに見切りをつけ、キャラを重視して観ていたので楽しめました。音楽も抜群に良かったですし。

しかし、タケミカヅチがあれだけ綺麗によく動く所を見せられると、やっぱシリアス戦争モノでも良かったかな?って気はしますが、やはり、カナタ達が殺し合いをする所なんて見たくないので、良い幕引きだったと思います。
タケミーの活躍は外伝かなんかで、先史文明が滅ぶ所をやってくれたら面白いかも? BADEND確定してますが…

後、今回の最大の不満点を… それは、なんでEDが「Girls, Be Ambitious.」じゃないんだ!!
全12話の中で、今回が最も合うと思ったのに… って事でEDを少しいじってみた動画です。



では、スタッフ・キャストの皆さん、良い作品をありがとうございました。お疲れ様でした。
コメント&トラックバックをくれた皆さん、閲覧してくれた方々、ありがとうございました。
また別の作品でお会いしましょう。

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
ai5.jpgyumina3.jpg2ri1.jpg2ri5.jpg2ri6.jpgai2.jpgai4.jpgkanata1.jpgkanata3.jpgkureha7.jpgnoel1.jpgnoel4.jpgnoel7.jpgnoel9.jpgrio3.jpgtake2.jpgtake4.jpg

関連記事リンク
アニメ OP/ED集 目次ページ
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト OP/ED 動画
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト ep11 「来訪者・燃ユル雪原」 感想記事


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(13)  コメント(1)  トラックバック(3) 
共通テーマ:アニメ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。