So-net無料ブログ作成
検索選択
QLOOKアクセス解析

デュラララ!! ep24 「則天去私」 感想 [アニメ 各話の感想 2010年終了作品]

デュラララ!! -durarara!!- 第24話(最終話) 「則天去私」 感想です。

デュラララ!!公式サイトhttp://www.durarara.com/
限定待ち受け画像プレゼント携帯HP(http://www.durarara.com/login/) 又は MBS公式サイト(http://www.mbs.jp/mobile/)パスワード 「sensen」 を入力(7/8 0時まで)

強い決意を持ち廃工場に独り乗り込んだ正臣だったが、彼はそこで予期せぬ人物と出会った。
ついに相対した正臣、帝人、杏里… お互いに言えぬ想いを抱えたまま、三人が見つけた答えとは。
そして、池袋の住人の多くを巻き込んだ抗争が見せた結末とは・・・?

『出やがったな、黒バイク! お前ら!コイツら全員砂にしちまえー!!』
『今だ! 裏切れ!!』

いいとこ取りのドタチン… またまたまた キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
dota1.jpgdota4.jpg

またしてもドタチンが美味しい所を持っていった!? いや~、ホントにカッコいいw
本質を見抜く洞察力、即実行に移す行動力と胆力。 いやいやいや… マジでシビれる! 憧れる!! って訳で、デュラララ!! 最終回 「則天去私」 感想です。

遂に最終回を迎えてしまいましたね… 来週からは無いのか… このまま即2期に突入!! とかあればな…

hora2.jpgsizu1.jpg

今回がオーラスで全ての決着がつくって事で、テンポも良くリズミカルに事が運んでいきましたねw
特に、ホラーダのやられっぷりはサイコーでしたww 正臣にぶん殴られたのを皮切りに シズちゃん → 葛原金之助 とゆう、ある意味セルティすら超越する化物に懲らしめられる展開ww
ホラーダはなんだかんだで、良い悪役でしたw なんとなく、ドロンボー一味を思わせるやられっぷりが気持よかったっすwww

izaya5.jpgsimon1.jpg

そして、なんと言っても サイモン、グッジョブ!!!
罪歌の力を開放した杏里からも逃げおおせた臨也に一発カマしてくれましたwww あの笑顔と、臨也のすっ飛び具合が堪りませんwww
沙樹ちゃんも良く露西亜寿司に電話してくれた!! ウザヤ! ザマーミロだww

最後はホントに上手く纏まってました。 2クールの長丁場、ここを目指して丁寧に積み上げてきた集大成ですね。
終わりもそれぞれの別れがありながらも、しっかりとした絆があることを描き、その余韻をたっぷりと活かしたエンディング… インストで1話からのカットを流す演出は良かったです。 イイ感じで余韻に浸れました。

2ri6.jpg2ri7.jpg

最終回と言う事で、総評的な事を少し書きますと、この作品は 「原作付きアニメとして、お手本になるべき作品」 と言えると思います。
原作をリスペクトしながら、アニメ化に当たって不都合な部分は上手く改変し、原作小説では表現しきれない部分もアニメの特性を活かして表現していました。

原作を大事にしてるのが、とにかく良く伝わってきましたね。
小説3冊分を2クール24話の十分な尺をもって構成しているのもそうですが、原作の構成をそのままトレースするのではなく、アニメの特性に合わせて上手く再構成してあり、それが十分な効果を伴って現れていました。
「デュラララ!!」 という作品の魅力を余す所なく表現したい、知ってもらいたい。
そんな気持ちが感じられる作品でした。

cel2.jpg2ri4.jpg

作画面は少し残念な点がありましたね… 背景は全編を通じてハイクオリティで纏まっていますが、肝心の人物が崩れている事が多少ありましたね。
モブの色や背景に紛れて伏線を張るなど、アイディアが素晴らしかっただけに、表現しきれない部分があった事が悔やまれます。

音楽は特別これがいい! って曲はないように思いましたが、バラエティに富み音楽的演出も過不足なく纏まってました。

終わってみての感想は… 私はこの作品が大好きですね。 特に原作を大事に扱うスタッフの心意気が大好きです。
デュラララ!! の1ファンとして、お礼を言いたいです。 良い作品をありがとうございました! 2期も期待してます!

では、この辺で… スタッフ・キャストの皆さん、良い作品をありがとうございました。お疲れ様でした。
コメント&トラックバックをくれた皆さん、閲覧してくれた方々、ありがとうございました。
また別の作品でお会いしましょう。

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
anri6.jpgmikado3.jpg2ri3.jpganri1.jpganri5.jpgizaya1.jpgizaya6.jpgkida2.jpgkida3.jpgkin1.jpgsaki4.jpgsinra1.jpgsaki3.jpgsizu2.jpg

関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
デュラララ!! OP/ED 動画
デュラララ!! 第23話 「千錯万綜」 感想記事


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(9) 
共通テーマ:アニメ

Angel Beats!ep13 「Graduation」 感想 [アニメ 各話の感想 2010年終了作品]

Angel Beats!<エンジェル ビーツ> 第13話 (最終話) 「Graduation」 感想です。
Angel Beats!公式サイトhttp://www.angelbeats.jp/index.html
限定待ち受け画像プレゼント携帯HPhttp://hicbc.com/tv/angelbeats/)又は MBS公式サイトhttp://www.mbs.jp/ab/)でパスワード 「ソツギョウ」 を入力(7/2 24時まで)

「おそらの死んだ世界から、お送りします、お気楽ナンバー」
「死ぬまでに喰っとけ、まーぼーどーふ」
「ああ~ まーぼーどーふー」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (*´ω`*)

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
ang5.jpgyuri2.jpg

『茶番だーーーー!! 恭介!!!!』 … いや、なんでもないです。ハイ。
遂に最終回を迎えてしまった 「Angel Beats!」 来週からは観れないと思うと寂しい限りですね…
特に、表情の出てきた天使ちゃんが、マジ天使なだけに… って訳で AB! 最終回 感想です。

え~と… 鼻歌歌う天使ちゃん、マジ天使。 ゆりの背中に隠れる天使ちゃん、マジ天使。 以上、感想でした。

ang3.jpg2ri2.jpg

… って訳にもいかないので、色々アレコレ書いてみますと…
やはり最終回に至っても、と言うより最終回が最も描写不足が目立った感じですね。
全てに決着をつける以上、全てのシワ寄せがきてしまうのは仕方のない事ですが…

逆に、全てに決着をつける必要があったのかも疑問ですが… 事が最後に至っても、かなでを消す方法が判っていなかった音無もそうですが、突然自分の事を話す天使ちゃんも天使ちゃんですよ…
さすがに、唐突に出てきた事実に対して、十分な予備動作も助走も無しに 「乗っていけ!」 「ほら、感動しろ!」 と言われても… ムリっす! Σ(´∀`;)

oto3.jpg2ri8.jpg

ユイと日向の時もそうでしたが、キャラクターがその感情に到るまでの過程が分からなすぎる… お互いに憎からず思ってる事はわかりますが、それは友情や兄妹的な物とも取れますし… 明らかに男女として意識してる描写が欠落してます。

最後になって唐突に出てきた、かなでと音無の繋がりですが… この点は前もって伏線として分り易く描いておくべきだったと私は思います。
後から取って付けた様に出されても、イマイチ乗っていけないし…

ただ、そのシーンの音楽的演出はガチで素晴らしいんですよね! 「一番の宝物」 マジ名曲っす!!
音無とかなでの関係についても、OP曲の 「My Soul, Your Beats!」 で補完できる部分もあるし、こと音楽に関しては最高の作品でした。

アニメ作品単体としては、やはり全体的な尺不足、描写不足が目立った作品でしたね。
キャラクターの掘り下げや、舞台設定の説明も十分なされてなく、それらをすっ飛ばして物語が展開するのでついて行き難い部分も多々ありました。
個人的に一番残念だったのは、やはりキャラクターの掘り下げが十分でなかった点ですね。
メインであるはずの 「かなで」 の内面描写が皆無だったのは残念どころか、牛丼を頼んだのに牛が抜けいた位の拍子抜け… Σ(´∀`;)

これは言ってはいけないことなんでしょうが… 「やっぱGAMEが良かったかも」 と言わざるをえない…
ゲーム形式であれば、それぞれのルートでキャラの掘り下げは出来るし、メインでないキャラもルートによっては役割が代わって別の面が見えたりするので、それらを踏まえたラストがもの凄く生きてくる。

naoi1.jpgnaoi6.jpg

それに似た感じで、この作品で巧くいっていたのは 「直井 文人」 かな? まさか、彼がこんな良いキャラになるとはww 最終回では、何故か彼の心情が一番良くわかったww つか、ちょっと貰い泣きしそうに… w

1クール 全13話では、やはり全体的に尺が足りなかったかな? ってのが最終的な感想ですね~。
2クールあれば、十分な描写も出来ただろうし、愛すべきアホ共にももっと笑えただろうにな…

まぁ、最初の期待がハンパなかっただけに、終わってみたらこんなもんか!! 的な面はありましたが、とにかく音楽が素晴らしく、演出面も音楽を効果的に使う事に特化していて良い出来でした。
シナリオ面も、描写不足な面もありますが、感動できる・感情移入できるエピソードもあり、楽しめました。
総じて良い作品だったと言えると思います。 なんども言うけど、個人的に音楽は神の部類っすよ!!

最終回と言う事で、総評的な感想になってしまいましたが、こんな所で失礼いたします。

では、スタッフ・キャストの皆さん、良い作品をありがとうございました。お疲れ様でした。
コメント&トラックバックをくれた皆さん、閲覧してくれた方々、ありがとうございました。
また別の作品でお会いしましょう。

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
yuri9.jpgang15.jpg2ri4.jpg2ri7.jpg3nin2.jpg3nin3.jpgang2.jpgang8.jpg2ri1.jpgoto1.jpgyuri3.jpgyuri4.jpgyuri7.jpgyuri10.jpg

関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
Angel Beats! OP/ED動画
Angel Beats!ep12 「Knockin' on heven's door」 感想記事


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(41) 
共通テーマ:アニメ

けいおん!! ep12 「夏フェス!」 感想 [アニメ 各話の感想 2010年終了作品]

けいおん!! k-on!! 2期 第12話 「夏フェス!」 感想です。
TBSアニメーション・けいおん!! 公式サイト → http://www.tbs.co.jp/anime/k-on/

夏休みに入った桜が丘高校。3年生にとって最後の夏休みだが、合宿をしたいと唯が提案する。
最初は乗り気ではなかった澪だが、夏フェスと聞いてみんなで合宿に行くことを決意する。

『このバンドと、このバンドは絶対見る!!』
『無理だって、同じ時間で違う会場じゃん…』
『体が二つ欲しい!』
『う~ん… どっちか選べ! でなかったら、半分ずつ聴くか』
『瞬間移動したい!!』
『無理言うなよ…』
(澪先輩がワガママ言ってる…)
『… はっ!? 私!ヤキソバ!焼きそば!!焼き蕎麦だけは、絶っっっ対食べたい!!!』

ワガママ澪が可愛すぎるw と、思ったら、さらに可愛いワガママ娘がww 何なんだ! この娘達の可愛さは!

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
mio2.jpgmugi3.jpg

けいおん! 史上初? の男性声優を6人?も投入し、さらに、群衆まで細かく描いた、ある意味豪華な回でしたね。
登場人物が少ないので、女性の方のガヤ声はレギュラーメンバーの方々がやってましたがw
って訳で、K-ON!! 第12話 「夏フェス!」 感想です。

夏フェス! … こういった大規模なイベントとは無縁な私でも、規模のデカさや楽しさが何となく伝わってきました。
さわちゃんの言動などは、行った事のある人が見たら、『あ~あるある!』 みたいなノリなんでしょうねw

お馴染みパターンの 「最初は乗り気じゃない澪が、結果一番楽しんでるじゃん!」 的な出だしかと思いきや…
澪がのっけからエンジン全開ww テンションの上がりまくった澪が可愛すぎるww (*´∀`*)

gif_mugi1.gifritu1.jpg

このメンバーのバランスは最高ですね~。 修学旅行の時は梓が居なかったので、唯達の制御は澪一人で賄ってましたが、今回はその澪が最も機能してない!? これはあずにゃんは大変だ!! と思ったら…
キッチリ律っちゃんがフォローに回ってました。 律っちゃんはホントに気の利くいい娘ですね。

普通、あれだけズレててバラバラならば、ケンカになってもおかしくないのに、バランスが崩れたらちゃんとポジションを変えて、バランスを取る。 それが出来る仲の良さ。
ムギは天然ナチュラルに、律は意図してさりげなく、梓はあくまでニュートラルに、それぞれ巧く役割を変更して絶妙なキャラ同士の掛け合いを演出してますね。 逆に唯と澪は天秤の両端のような存在かなって気がします。
とにかく、マジでこのメンバー最高っすw

all2.jpgsawa2.jpg

そして忘れちゃいけないのが、さわちゃんの存在っすね! 今回は先輩として経験者として、キッチリ唯達を枠にはめて、イベントを楽しめる土台を作ってあげたからこそ、唯達も夏フェスを楽しめたんだと思います。
これが、軽音部の学生だけで行っていたら、最初から最後まで右往左往であまり楽しめない結果になった気がしますよw
まぁ、さわちゃんはキャラ的にことごとくオチ担当なんで、いい仕事したようには見えないんですがww

う~ん… この作品の感想は毎回色々書こうと思っても、結局ある一点に収束してしまいます…
それは勿論 『キャラが可愛い (*´ω`*) 』 これに尽きると思うんですよね~、シナリオや演出面もソレ一点に特化して作られてますし、なんて事の無い小さな演出ですら可愛すぎるんですよねww
今回で言えば、実は待ち合わせに早く来ていた唯が画面の隅でチョロチョロ動いてるとかw 唯が虫除けスプレーかけたい! ってダダこねてる時の律っちゃんとあずにゃんとか… 細かい所まで、とにかくカワイイww

gif_mugi2.gifyui6.jpg

そして、毎回丁寧に作られているので、いつもクオリティが高く、作画面や音楽面もケチの付けるところが無いし、ストーリーも 内容が無い!! と言えばそれまでだけど、キャラクターの魅力はギュウギュウに詰まっていて、ある意味盛り沢山で充実してるし… 結果、いつも似た様な感想にww
これはもう、開き直って誰それのどこが可愛かった!! とか羅列した方がラクかもww

とゆ~訳で? 個人的に今回の一番良かったシーンは… 当然ムギのヤキソバ… と言いたい所ですが、やはりラストの5人で語り合うシーンですね! あれだけハイテンションで展開しておきながら、ラストはしっとりとしたシーンで締めるなんて演出が憎らしいです。 ちょっとしんみりしてウルッと来ちまったよ!?

では次回 第13話 「残暑見舞い!」 2クールって素晴らしい! 夏が3回もある!! …1期も2回あったけどねw
まぁ、そんな事は置いといて、ついにキタよ!憂ちゃん・純ちゃん・水着回!! これは楽しみだ!!!

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
azusa1.jpgui1.jpg2ri14.jpgazusa8.jpgmio15.jpgmugi10.jpgritu5.jpgritu6.jpgyui15.jpgmio6.jpgmio7.jpgmio12.jpgmugi1.jpgyui1.jpgyui4.jpgyui11.jpg2ri1.jpg2ri2.jpg2ri7.jpg2ri10.jpg2ri11.jpg2ri13.jpg3nin5.jpg

関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
けいおん! 1期 レビュー記事
けいおん! k-on! 1期 OP/ED動画
けいおん!! k-on!! 2期 OP/ED動画
けいおん!! ep11 「暑い!」 感想記事
けいおん!! ep13 「残暑見舞い!」 感想


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(28) 
共通テーマ:アニメ

いちばんうしろの大魔王 ep12 「おしまいは完璧?」 感想 [アニメ 各話の感想 2010年終了作品]

いちばんうしろの大魔王 第12話(最終話) 「おしまいは完璧?」 感想です。
マーベラスエンターテイメント・アニメ版公式サイトhttp://www.mmv.co.jp/special/daimao/

けーなを連れてスハラ神殿にやって来た望一郎。「自同律」てあるけーなと単一者の契約を結び神を支配しようとするが… そこに阿九斗が現れ、神を前にした二人の戦いが始まった。

『うぅ~ん… ん~ パンツだけ、どうしても見つかんない… イヤだな~』

いやいや! パンツ以外が無事だった方がビックリですよ? 最後のサービス、あざーす!!

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
eye1.jpgeye2.jpg

勢いだけでも意外と何とか成るもんですねw ムダに熱くて良い最終回だったと言えるかも?
って訳で、いちばんうしろの大魔王 最終話 「おしまいは完璧?」 感想です。

いやもう、のっけから熱いバトルw ぶっちゃけ、阿九斗とパーマンが何で戦うのか? 目的は何だとかストーリー的なものは殆ど理解出来てないんですが… 面白かったw 何故か燃えたww
その後の展開も何でそうなるのか、さっぱりでしたが… なんでかノッて行けたw 何でだ?ww

act1.jpgparman2.jpg

テンポや勢いが良いってのもありますが、最大の要因はBGMなんじゃないかと。
シリアス展開になってから、シナリオ的にはさっぱりついていけなくなってしまって、普通ならば 『どうしてこうなった!!』 的なブーイングを始める所なんですが、話について行けなくなっても、何となく作品に引きつけられる物がありました。

それが音楽ですね。 特にシリアス展開になってからのBGMは秀逸な曲が多く、それだけで引きつけられた部分もありました。
間違いなく、サントラは買いのレベルですね!

今回は本編の方も話はさっぱり分かりませんが、とにかくアクトとピーターハウゼンがカッコ良かったww
特にピー助カッコ良すぎw CVの「中田譲治」 さんがテラハマってましたね。

シナリオの方はホントにさっぱりですw 大和望一郎の事とか魔王の事とか理解出来た事もありますが、けーな髪飾りとかは全然説明してくれなかったし、謎なままでしたね… これは1話から見直しても分からないかな?
原作読むしか無いのかな~。

kena12.jpgkena11.jpg

最後はけーなが皆んなの記憶を書き換えて、振り出しに戻るオチww まぁ、これはこれでイイかもww
エピローグは序盤のドタバタに戻って、やっぱりコッチの方が良かったなと思ってしまいました。

今回が最終回って事で、少し総評的な事を書きますと、やはり序盤のドタバタコメディ、特にアクトところね・絢子の絡みが抜群に面白かっただけに、後半のシリアス展開でそれらが殆ど無くなってしまったのが残念でした。
個人的にころねの出番が少なくなったのは致命的でした…

jun2.jpgkoro2.jpg

ただ、全編を通じてテンポが良く… つ~か良すぎるくらいでタメや起伏なんてありませんが、勢いだけは良かったので最後まで飽きる事なく見ることが出来ました。
音楽は後半のシリアス展開の方が断然良く、この作品を最後まで視聴させた最大の要因になったかも。

纏めると… この作品の魅力は ころねと音楽! ってところでしょうか。
ころねの最後のセリフはクールなキャラなのに凄く感情が入っていて良かったっす! 「悠木碧」 の次回作に期待!

では、スタッフ・キャストの皆さん、良い作品をありがとうございました。お疲れ様でした。
コメント&トラックバックをくれた皆さん、閲覧してくれた方々、ありがとうございました。
また別の作品でお会いしましょう。

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
fuji1.jpglily2.jpg2ri1.jpg2ri2.jpg2ri3.jpg2ri4.jpg3nin1.jpgact3.jpgact4.jpgact6.jpgaru1.jpgjun1.jpgkena5.jpgkena13.jpgkena14.jpgkoro1.jpgyuuko3.jpg

関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
いちばんうしろの大魔王 OP/ED動画
いちばんうしろの大魔王 第11話 「女たちの最終決戦」 感想記事


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(7) 
共通テーマ:アニメ

デュラララ!! ep23 「千錯万綜」 感想 [アニメ 各話の感想 2010年終了作品]

デュラララ!! -durarara!!- 第23話 「千錯万綜」 感想です。

デュラララ!!公式サイトhttp://www.durarara.com/
限定待ち受け画像プレゼント携帯HP(http://www.durarara.com/login/) 又は MBS公式サイト(http://www.mbs.jp/mobile/)パスワード 「musyoku」 を入力(7/1 0時まで)

雨の降る夜の路地に響いた銃声、正臣の元に掛かってきた電話の主が告げた言葉。
セルティとともにある場所へ向かう帝人と、知らされた事実に駆け出す杏里。
信頼と疑惑と不安がない交ぜになったそれぞれの心。
そしてそんな状況を楽しむように、微笑みすら浮かべる臨也… 事態は急速に収束へと向かっていた…

『ふむ… 足と脇腹の筋肉が著しく損傷しているね… ってゆ~か!これで、何で普通に立って歩いてんの??』
『なんでって、お前… 立って歩けるからに決まってんだろうがよ…』

イタイ、イタイ、イタイ! 見てるコッチが痛いよ! シズちゃんww 雨で滑って転んだと思ったってどんだけww

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
2ri3.jpgkida4.jpg

今回はサイモンと新羅が良いアクセントになってましたね~。
サイモンはシリアスに、新羅はコミカルにw って訳で デュラララ!! 第23話 「千錯万綜」 感想です。

前々回と前回のオリジナル部分で、杏里がさんざん動きまわったおかげで、事態の混乱に拍車が掛かってますねw
特に正臣の混乱っぷりは原作以上で、その後の開き直った決意とのメリハリが効いていて良かったです。

kida10.jpgdota1.jpg

法螺田も良い小者っぷりを発揮してますw 『プッヒャハハハ』 笑い方サイコーっすww
単純だけど、悪役を悪役らしく描く事で事態の構図を明確にし、視聴者のフラストレーションを一身に集めて退治される… ホラーダくん、アンタ役得だぜw

izaya2.jpgizaya3.jpg

しかし… ホラーダは駒に過ぎないのも分かっているので、何とかその背後にいる ウザヤに届きたい!
今回も素敵にムカつくその笑顔w どうにかして臨也に一発食らわせてやりたいけどな~。シズちゃんは負傷中か…
だがしかし! 確実に臨也に向かって矢が放たれた!! 人望ないのが命取りだぜ ウザヤ君ww
楽しみだな~w 楽しみだなぁwwww

mikado1.jpganri4.jpg

クライマックスの杏里登場シーンも良かったし、ホント盛り上がって来た!! 作画も気合入ってたし(法螺田除く) スタッフもここぞとばかりに力が入ってますね!
2クールの長丁場、よくぞここまで盛り上げてきました! 頑張ったよ! 次回でラスト! 見る側も頑張っていきましょう!

では次回 第24話 「則天去私」 ?? また知らない言葉が登場 Σ(´∀`;) Google先生に聞いてみた。
則天去私(そくてんきょし) 意味:自己本位の考えを捨てて、自然の中において物事を見極めようとする姿勢。
ほほう? かしこさ が 1あっぷ。

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
3nin1.jpgtt1.jpg2ri1.jpg2ri2.jpganri2.jpgcel2.jpghora1.jpgkida7.jpgkida9.jpgmikado2.jpgnamie1.jpgnamie3.jpgsaki1.jpgsimon2.jpg

関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
デュラララ!! OP/ED 動画
デュラララ!! 第22話 「解散宣言」 感想記事
デュラララ!! 第24話 「則天去私」 感想記事


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(11) 
共通テーマ:アニメ

Angel Beats!ep12 「Knockin' on heven's door」 感想 [アニメ 各話の感想 2010年終了作品]

Angel Beats!<エンジェル ビーツ> 第12話 「Knockin' on heven's door」 感想です。
Angel Beats!公式サイトhttp://www.angelbeats.jp/index.html
限定待ち受け画像プレゼント携帯HPhttp://hicbc.com/tv/angelbeats/)又は MBS公式サイトhttp://www.mbs.jp/ab/)でパスワード 「ナカマ」 を入力(6/25 24時まで)

『それで… あたしを助けに来たの?』
『一緒に戦いに来たんだよ』
『同じじゃない』
『まぁ、そうだけど~ ゆりっぺは心配だからな~』
『とりあえず、服整えたら?』
『へ?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・うわゎ~~ //////』
『さぁ! 行くわよ! /////』
『あ? ああ…』
『たくっ 相変わらずのペースだな…』

・・・・・・・・・ ゆりのアノ姿に反応しない男の人って・・・・・・・・

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
yuri11.jpggif_yuriang2.gif

やはり、音無・日向・直井の3人はアレでコレなのか!? あの場に野田が居たら 鼻血憤死ものだったろうに…
つか、野田くん… 見せ場があるかと思いきや、あっさり死亡フラグもスルーでしたねw って訳で感想です。

物語もクライマックス! って事で盛り上がってまいりました!! つ~か、展開が作中世界を強制リセット!?
な展開なので、盛り上がらざるを得ない! ここで一歩引いてしまうと途端につまらなくなる危険があるので、ある意味、視聴者側も正念場!?

gif_yuriang.gifsito5.jpg

前回の引きで 「誰が犯人か?」 的な疑惑を残し、非常に気になっていた訳ですが… 新キャラ登場!? Σ(´∀`;)
渚カヲル? 今回の演出は 「ペルソナ」 っぽかったから、 「デス」 かも? とにかく、「石田彰」 さんはこう言った役はハマリですな! ハマリ役だけに、次回予告で声が出た時点でこうなる事もバレてしまいましたが…

私は、前回の感想で予想した 「クライスト」 が一向に出てこないので、もしかしてビンゴなのか!? って途中までワクテカでしたよww
まぁ、良く良く考えれば、仲間内から裏切り者が出たら、その後の 「ゆりの思いの昇華」 に繋がらない訳で。
このケースでは、犯人は新キャラ以外には務まらなかった訳ですなw

前回で一通りの説明は済んだと思ったのですが… また、説明された Σ(´∀`;)
出てきた以上は理解しておいた方がいいでしょうね。 とりあえず、私の考えをまとめて見ると…

all1.jpgang3.jpg

・この世界は稀に思い残すことが無くても、記憶喪失とゆう形で紛れ込む人がいる。
(該当するのは、音無とデスを作ったプログラマー? この条件で音無がこの世界にいる矛盾は解消)
・デスプログラムの発動条件は 「愛」
(愛を育めば、当然満たされて消える。 しかし、逆に考えれば永遠にこの世界に留まる事も可能 (音無達の現状のように))
・プログラマーと愛を育んだ女性… その愛の行末は 女が消えて男が残ってしまった…
(男は女に再び逢いたいが為に、この世界に残ってしまった… が、膨大な時に耐えかねおかしくなって、自身をNPC化。 さらに、このような事が二度と起こらぬ様にデスプログラムを用意。)

… こんな所でしょうか? ゆりの行いは正しくデスプログラムの発動条件を満たしてますね~。
ゆりの目的はこの世界を手にいれる事。さらに、愛着の湧いた仲間と共に、この世界に居続ける事ですから。
その対抗手段としての 「永久プレイ阻止の為のリセットプログラム」 とは的確な表現でしたね。

yuri26.jpgall2.jpg

『あのね… 教えてあげる… 人間とゆうものは… たったの10分だって、我慢してくれないものなのよ!!』
このシーンはかなりグッと来ました… ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!
音楽的演出がかなり良いです… つか、良すぎます…
ゆりの深い所の描写としては、今回と2話くらいしか無く、十分な描写があったとは言い難いですが、何故かゆりの心情が良く分かる!? なんでだろう??
個人的にはED曲の 「Brave Song」 とシンクロしている部分が多々あるからだと思います。
アニメ作品としては、この描写不足はどうかと思いますが、楽曲をしてキャラクターを語らせる手法は良いんじゃないかと。
ユイの 「一番の宝物」 も良いですし、こと音楽に掛けては手放しでマンセーできるクオリティですね!

yuri28.jpg4nin2.jpg

一番の難関かと思われた 「ゆりの思い」 を昇華して、ついに 「ゆり昇天」 かと思いきや…
ゆりがベッドで目覚めた時は 「ああ、やっぱゆりは生きてたんだ!」 って喜んだのに…残ってるよw この娘はw
次回で最終回! どう決着を付けるんだろう? 個人的には奏ちゃんをなんとかしてあげたいですが…

では次回 第13話 「Graduation」 … ティンと来るのはSPEEDですが… クラプトン、ディランときて? まさか?
そう言えば、1話のサブタイはglobeだったりするんだろうか??

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
hisa1.jpgriz1.jpg2ri4.jpgang2.jpgang5.jpgang7.jpggal2.jpghina2.jpgmatu1.jpgnaoi1.jpgnoda1.jpgooyama2.jpgoto2.jpgsiina1.jpgtk1.jpgyuri7.jpgyuri8.jpgyuri10.jpgyuri14.jpgyuri18.jpgyuri19.jpgyuri24.jpgyuri27.jpg

関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
Angel Beats! OP/ED動画
Angel Beats!ep11 「Change the World」 感想記事
Angel Beats!ep13 「Graduation」 感想記事


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(46) 
共通テーマ:アニメ

けいおん!! ep11 「暑い!」 感想 [アニメ 各話の感想 2010年終了作品]

けいおん!! k-on!! 2期 第11話 「暑い!」 感想です。
TBSアニメーション・けいおん!! 公式サイト → http://www.tbs.co.jp/anime/k-on/

真夏の暑い日にバンド練習をする軽音部だが、うだるような暑さに練習もままならない様子。
涼しく過ごす為に色々なことを試す軽音部は、最終的に顧問のさわ子先生に相談する。

『ねぇ? 澪ちゃんも着てみない?』
『無理無理無理無理! そんなの着るの唯以外、いる訳…… へぅ!!』
『いた~ ♪』
『いるのか……』

ム、ムギ! ムギのス、ス、ス、スク! スクみみみみみみみみ!!!!!1111111 (*´∀`*)

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
2ri2.jpggif_2ri1.gif

琴吹 紬のスクール水着 (゚∀゚)キタコレ!! ムギのノリの良さは良いね! 今回もムギの良い所が出まくっていて、オイラは幸せです (*´∀`*) って訳で 「けいおん!!」 第11話 「暑い!」 感想です。

今回は前回とは打って変わって、基本となるストーリーも無く、4コマ原作らしい小ネタ満載のいかにも 「けいおん!!」 らしい構成でした。 前回みたいな構成も良いけど、今回の様な構成は凄く安定して楽しめますね。

yui2.jpgazusa6.jpg

基本をキャラクターの掛け合いで構成しているので、キャラの魅力や面白さがよく出ていました。
キャラの絡みも澪×律の毎度おなじみの展開や、今回が初? のムギ×さわちゃん 等、引き出しも多く、今後も色々と楽しめそうです。

しかし… ここまで安定してしまうと、書くことが無い… Σ(´∀`;)
小ネタの一つ一つが面白いのですが、それに一々感想をつけるとエライ長文になりそうだし…
とりあえず今回の感想を簡単に纏めると 「今回も面白かった! ムギ、カワイイよ、ムギ。 つか、皆可愛いっすw」
となります。

mugi7.jpg2ri12.jpg

個人的に今回の一番良かったシーンは、さわちゃんの車に乗ったムギですねw
見ること聞くこと新鮮なムギが可愛すぎるw そして、お守りの事を聞かれた時のさわちゃんの表情も秀逸w
しかし、ムギの家から帰ってきたさわちゃんは随分ツヤツヤしていたけど、何があったんだろう? w
つ~か、ムギの家の描写ってホントに無いですね… 是非とも見てみたいんですけど…

ritu3.jpgmio7.jpg

今回はキャラクターの負の面? も多少出していましたね~。
律っちゃんの部長としては致命的にズボラな所や、唯のワガママ気味の所。澪の怖がりが過ぎて過剰反応してしまう所などなど。
しかし、そんな所が可愛く思えてしょうがない! (*´∀`*) この作品はこの辺のバランス感覚が絶妙ですね。

では次回 第12話 「夏フェス!」
恒例の合宿じゃないの?? 『ああ… ◯◯まみれの2日間…』 恍惚の表情な澪に妙な期待w

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
mugi3.jpgsawa1.jpg2ri3.jpg2ri8.jpg2ri10.jpg2ri16.jpg2ri17.jpgall2.jpgazusa3.jpgmio5.jpgmob1.jpgmob2.jpgmugi1.jpgmugi2.jpgnodoka3.jpgritu2.jpgsawa3.jpgyui1.jpgyui3.jpgyui4.jpg

関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
けいおん! 1期 レビュー記事
けいおん! k-on! 1期 OP/ED動画
けいおん!! k-on!! 2期 OP/ED動画
けいおん!! ep10 「先生!」 感想記事
けいおん!! ep12 「夏フェス!」 感想記事


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(32) 
共通テーマ:アニメ

2010年 夏放送開始アニメ一挙紹介!! [アニメ ニュース]

季節が巡るのは早いもので、もう6月も半ばです。
2010年春クール作品も、もう残す所あと僅か、そろそろ夏開始アニメの情報も仕入れときましょう!
シーズン番組改編の時期になると、まとめ動画を作ってくださる方々がいらっしゃるので、大変参考になり助かっています。作者の方々ありがとうございます。
そんな訳で、2010年夏アニメの視聴選定にあたって、私が参考にした動画を紹介します。

動画ではなく、一覧表などで見たい方はGIGAZINEに詳しい一覧表があります。

GIGAZINE 2010年夏季放送開始の新作アニメ一覧http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100605_anime_2010summer/

【2010年 夏アニメ紹介】 28分15秒 ちと長めです。


【2010年夏 新作アニメPV集 その①】 13分36秒 2分割その1です。


【2010年夏 新作アニメPV集 その②】 7分20秒 2分割その2です。


夏だけに? ホラー系が多いですね。 一つくらいは観てみようかな?
とりあえず、私の今期視聴確定アニメは 「セキレイ 2期」 と 「ストパン 2期」 の2大パンツアニメですねww
ストパンの方は制作会社の変更が若干不安要素ではありますが… とにかく、芳佳にまた会える (*´∀`*)

今期も原作を知ってるのは少ないのですが、その中で私の大好きな作品 「伝説の勇者の伝説」 がアニメ化!
もうワクテカが止まりません!! …と言いたい所なんですが… 「富士見ファンタジア」 × 「ZEXCS」… Σ(´∀`;)
「鋼殻のレギオス」 の悪夢再び! な予感がします… とりあえず見ますけどw

PVを見てて気になったのは 「オオカミさんと七人の仲間たち」 ですね! ナレーションが黒子だったりヒロインが大河だったりで面白そうww J.C.STAFF 制作なんで安定して楽しめそうかも?

しかし、夏だけに 「熱血系」 が観たいな~ って思ってたけど、無さそうっすね… もうちょっと吟味してみよう!

関連記事リンク  アニメOP/ED集目次ページ

にほんブログ村 アニメブログへ
他の情報 → にほんブログ村
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

いちばんうしろの大魔王 ep11 「女たちの最終決戦」 感想 [アニメ 各話の感想 2010年終了作品]

いちばんうしろの大魔王 第11話 「女たちの最終決戦」 感想です。
マーベラスエンターテイメント・アニメ版公式サイトhttp://www.mmv.co.jp/special/daimao/

けーなを守る為に神殺しを決意した阿九斗はピーターハウゼンと共に飛び立つが、政府の巨大飛行空母「玄鶴」が現れ、内閣魔術情報調査室の2Vの操作により、阿九斗は「玄鶴」に押しつぶされてしまう。

『馬鹿か… どうやってこの状況から抜け出すつもりだ…』
『会長の考えと同じやり方するだぎゃ!』
『ぐが』
『そうかい? じゃあ精々暴れようかな~!』
『ゴムゴムのぉ~~~~ギガント・バズーカ!!!!!!』

リリィ白石生徒会長の戦い方は 「怪物くん」 って言うより 「ルフィ」 っぽいスね。

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
eye1.jpgeye2.jpg

生徒会長のアイキャッチはちょっとビックリしてしまいましたw なんつ~か、”男の娘” に見えてしまって…
5話のピー助とのやりとりでも、『小僧』 『今は女で通ってる』 とかあったし… まさか! そうなのか~!!! 的なw
CM中、凄い葛藤してましたw 『これはどうなのよ!』 『いやアリかも?』 『つ~か全然アリじゃね?』 みたいなw
天秤が完全にアリに傾いた所で、巻き戻って確認してみたら、普通に女の子の体でしたww
しかし… 最早、私は戻れない領域に踏み込んでしまったかも… って訳で 第11話感想です。

今回はオープニング無しの構成でしたね。
いつもの如くアバンで伏線やらネタバラシやらをやってましたが… さっぱりわからんww いや、内容はなんとなく理解出来たけど、私の欲しい情報とは違った。と言った方がイイかも知れませんね…

kena2.jpgkena6.jpg

アバンの内容を適当に纏めると、「大和望一郎、自同律になったけーなに似た人を魔王にNTRて涙目!」って事でしょう。
それで、けーなの中身?を取り戻したいが為に、アレコレ大義名分をでっちあげて活動中と。
今まで幾度となくチャレンジしたけど、悉く失敗中で今回がラストチャンス? なんでラストなのかは謎ですが…
とにかく、魔王を倒すのが目的っぽくなってきましたね。 つか、阿九斗がけーなを取り戻そうとするから、阿九斗が邪魔になってるのかな??

まぁ、最早ストーリーには完全についていけ無くなっているので、こんな適当な理解で妥協するしかないんですがw
髪飾りとか時間旅行とか気になるけど、説明なしで曖昧なままでも 「もういいや!」 って気分です。

koro1.jpgkoro2.jpg

ぶっちゃけ、今回は ころねがいつ出てくるのか? そればっかり気になってましたw
絢子や不二子がピンチになる度に 『ここで、ころねだろ!!』 とか、生徒会長達の戦いに誰かが介入する度に 『これは、ころね!』 みたいに、一々期待しては裏切られる展開w
そして、ようやく出てきたと思ったら、ワンシーンだけときたもんだw ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

jun1.jpgjun4.jpg

今回は、この作品に対する私のモチベーションの80%は 「ころね」 で構成されている。
そんな事が判った回でした。 残りの20%を占める 「絢子」 ちゃんが良かったので、今回も楽しめましたけど ^^
開き直って愛を叫ぶ順子ちゃん、可愛いですw

では次回 第12話 「おしまいは完璧?」 最終回ですね! 完璧? かどうかはどうでも良いですが、ころねの出番を切に希望します!!

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
lily8.jpgfuji4.jpg2ri1.jpg3nin1.jpgact2.jpgaru2.jpgdagya1.jpgeiko6.jpgeiko4.jpgfuji2.jpgfuji7.jpgjun2.jpgjun6.jpgjun11.jpgjun12.jpgkena1.jpgkena3.jpglily1.jpglily7.jpgmiti2.jpg

関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
いちばんうしろの大魔王 OP/ED動画
いちばんうしろの大魔王 第10話 「阿九斗の帝都大戦争」 感想記事
いちばんうしろの大魔王 第12話 「おしまいは完璧?」 感想


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(4) 
共通テーマ:アニメ

デュラララ!! ep22 「解散宣言」 感想 [アニメ 各話の感想 2010年終了作品]

デュラララ!! -durarara!!- 第22話 「解散宣言」 感想です。

デュラララ!!公式サイトhttp://www.durarara.com/
限定待ち受け画像プレゼント携帯HP(http://www.durarara.com/login/) 又は MBS公式サイト(http://www.mbs.jp/mobile/)パスワード 「usa」 を入力(6/24 0時まで)

黄巾賊の悪行に不満を募らせるダラーズメンバー達。
掲示板に書かれるメンバーの言葉を受け止めながら、帝人は事態の収集を計ろうと必死に考えを巡らせていた。
一方、集会の夜に取り逃がした少女の正体に気付いた黄巾賊は、ついに杏里を追いつめる。
しかしそんな杏里の窮地を救ったのは、とても意外な人物だった・・・

『あれか?』
『あれじゃあ、胸が大きいかわかんねーじゃん』
『脱がせてみるしかねーな!』

いやいや、全然楽勝で判りますよ? 着ぐるみの上からでも判別可能。 それが杏里クオリティ (*´∀`*)

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
anri4.jpgkig1.jpg

シズちゃん! やっぱアンタ最高だ!! つ~か、池袋最強 = フォルテッシモ… こんな所にも電撃ネタを仕込んでくる 狩沢さんも最高っすww って訳で、デュラララ!! 第22話 「解散宣言」 感想です。

今回も殆どオリジナル展開でした。 しかし、原作より話のつながり自然だ!?
なんでも前回からのオリジナル部分は、原作者が3巻執筆時にページ制限の関係で、泣く泣くカットした部分らしいですね~、道理で繋がりが自然な訳だ。
ぶっちゃけ、原作の 「杏里が黄巾アジトへ潜入 → セルティに助けられる → セルティの家で2日間爆睡」 って流れよりも、アニメの流れのほうが自然だし、キャラの心理描写もより深く出来たように思います。

anri17.jpganri18.jpg

特に今回の主役たる高校生3人組の心理描写は良かったですね~。
紀田の無力感、帝人の迷走っぷり、そして一足先に腹をくくった杏里ちゃん。 それぞれの立場・悩み・決意などがよく伝わってきました。それぞれが得ている情報量の違いもですね。

mikado4.jpgkida3.jpg

原作には無かった 「ダラーズ解散宣言」 … これが今後どう機能するのか? 帝人はどうゆう意図で書き込んだのか、非常に気になりますね!
原作では杏里と正臣は見せ場と一定の決着を見せるのですが、霧ヶ峰はなんとなく空気で… 帝人くん! 期待してるよ!!

izaya2.jpgsizu3.jpg

今回のダラーズが協力して杏里を助ける! みたいな流れは大好きですね~。
演出もテンポもノリが良くて、面白かったですしw 欲をいえばマゼンダさんが出てこなかったのが残念ですw

そして、トリを努めるのは我らがシズちゃんww いや~、ホントいいね! カッコいいww
しかし… そのシズちゃんが撃たれちゃったよ!? 血を流して倒れてるよ!? って所で次回…
この辺の引きも上手いw 次回が気になってしょうがないw

では次回 第23話 「千錯万綜」 …初めて見る言葉だ!? ちょっと調べてみた。
千錯万綜(せんさくばんそう) :複雑に入り組んで、混乱しているさま。「錯綜」は入り混じっているさま。
それに数が多いことを意味する「千」「万」を加えた言葉。
ほほう… 錯綜のもっと凄いバージョンで千と万を加えた形とな! … かしこさが1あっぷ!!

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
sizu4.jpgtt1.jpg2ri1.jpg2ri2.jpg2ri3.jpg2ri4.jpg3nin1.jpganri3.jpganri9.jpganri10.jpgcel1.jpgizaya1.jpgkida1.jpgkida2.jpgmikado2.jpgmikado3.jpgsizu1.jpg

関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
デュラララ!! OP/ED 動画
デュラララ!! 第21話 「五里霧中」 感想記事
デュラララ!! 第23話 「千錯万綜」 感想


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(7)  コメント(13)  トラックバック(9) 
共通テーマ:アニメ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。