So-net無料ブログ作成
QLOOKアクセス解析
アニメ 各話の感想 2009年終了作品 ブログトップ
前の10件 | -

DARKER THAN BLACK 流星の双子 ep12 「星の方舟」感想 [アニメ 各話の感想 2009年終了作品]

DARKER THAN BLACK 流星の双子-ジェミニ- 第12話 「星の方舟」感想です。

ゲート内で何がおこっているのか? 黒は銀を見つけることはできるのか? 紫苑を見つけた蘇芳は・・・?

『次は… 何処に行くの? …僕たち…ずっと一緒だよね… また… 旅を続けるんだよね…』
『ああ、そうだ』
『嘘だ… 』
『嘘じゃない… 俺はいつでも… お前の側にいる…』
ヘイさん… モテモテなのは良いのですが、そのサゲチン属性を何とかしましょうよ…

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
suou5.jpginn2.jpg

「俺達の戦いはこれからだ!」+「TV版エヴァ最終回」の伝説的最終回、夢のコラボですか? って訳で12話です。
訳が分らん…一応話の内容は把握できましたが、話が突飛すぎて理解不能… なんだよ!地球のコピーって!
アニメなんで、なんでもアリっちゃアリですが… いくらなんでも酷すぎる… Orz
デフレもここまで来るとスゴイですね~、地球と全人類の対価が一人の命と等価なんて… ユニクロもビックリ!

このアニメは何を伝えたかったのだろう? 「嫌な事があったら、空想世界に逃避しましょう」って事かな?
それとも、「人の命や記憶、経験なんて、簡単にコピーできる程軽いもの」って事か?
はたまた、「家族関係や人間関係なんて、過去の積み重ねなんて無くても成立するよ~」って事かも?
いずれにしても、最終回からは碌な印象を受けませんでした。
問題に対し、逃げずに抗う事に意味があるのに、登場人物の大半が逃げ道、抜け道を探してましたね…
未咲さんとジュライだけかな? 我を通したのは。 蘇芳なんて本人の意思に関係なく逃避の極み的選択を強いられてますし… ヘイにいたっては完全に全部を諦めての選択みたいでしたね… それこそ心中したような…

inn6.jpg2ri3.jpg

訳の分らない地球のコピーなんて出さなくて、ラストでスオウの命が尽きる展開なら受ける印象も変わったかも知れません。つか、あそこは死んでこそのシーンではないでしょうか。
全ての問題から逃げて夢の世界で幸せに暮らしましたとさ… じゃ流石に納得いかないっすよ!!
逆にジュライの表現としては良かったですね。
自立的に行動しないドールが、自らの意思でスオウの側にいることを選択した結果として受け入れられます。
スオウに抱きつくシーンは良かったな~、あのシーンが一番グッと来ましたね。

misaki3.jpgjuly3.jpg

最終回はかなり詰め込んで纏めてきましたが、矛盾点や謎がかなり残ったように、尺が全然足りませんでしたね。
ただ、全体を見ると尺は十分足りるはずですよね… 余計なエピソードが多すぎました。視聴者を煙に巻く事に注力しすぎて、肝心のネタバラシの部分が全然ダメダメでしたね…
伏線の張り方視聴者の興味の引き方等が巧かっただけに、肝心要のラストを失敗するとダメージがでかいですね。

haduki2.jpg2ri1.jpg

今まで積み上げてきた期待や評価を最終回でぶち壊した感がありますが、良い所もかなりありました。
やはり、この作品の戦闘シーンは素晴らしいですよね。ヘイと葉月の戦闘シーンはすごく良かったです。
スピード感、特殊な能力を一切のセリフ無しで表現し理解させる演出、スピード感溢れる音楽。いきなりのキスw
どれをとってもDTBらしさ溢れる演出でした。

ただ、前期に比べて、全編を通しての戦闘シーンが少なすぎた感じもありますね。
これは、スオウを主人公に据えた弊害でしょうか。

音楽も切ない感じのものから、乗りの良い曲などバラエティがあり、場面にも合っていてGOODでした。

しかし… これで終わりなんですよね? もの凄く終わっていない感がありますが…
とりあえず、OVAに期待して待ちますか!!
では、スタッフ・キャストの皆さんお疲れ様でした。

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
2ri2.jpg3nin1.jpgdare1.jpggenma1.jpghaduki3.jpghey1.jpginn3.jpginn5.jpgjuly2.jpgmisaki2.jpgoreiu1.jpgoreiu2.jpgotoko1.jpgsion1.jpgsuou2.jpgsuou4.jpgsuou6.jpgsuou8.jpg

関連記事リンク
DARKER THAN BLACK 流星の双子 各話感想  DARKER THAN BLACK 流星の双子 OPED動画


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村

聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) ep12 「刀鍛冶 -Blacksmith-」 感想 [アニメ 各話の感想 2009年終了作品]

聖剣の刀鍛冶 -The Sword Blacksmith- 第12話 「刀鍛冶 -Blacksmith-」 感想です。

互いの胸中を明かすルークとリサ。今までの誤解が解かれた二人だったが・・・
突如として現れた人外・悪魔の軍勢に、都市ハウスマンは火の海と化す。
広がるシーグフリードの憎悪から都市と市民を守るため、セシリーとアリアは共に戦火へと飛び込む・・・
そして剣と刀が交わされる!

『ごめん… セシリー… 力を使いすぎちゃった…』
『大丈夫か? アリア』
『…行って、セシリー… ルークの所へ…』
『な!? し、しかし!!』
『ちょっと休んでいくだけよ、あたしも後から直ぐに追いかけるから…』
『アリア…』
『心配要らないよ、約束したじゃないの二人で街を守るって。これからも、ずっとね。』
『貴方の手でこそ… あたしは… 輝く…』
これ、なんて死亡フラグ??

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
eye.jpgcecily8.jpg

歳末の忙しさにかまけていて、すっかり書くのを忘れていたブラックスミス12話の感想です。
最早、機を逸した感がありますが、ここまで書いて来た以上最後まで書きます。

ある意味、超展開な最終回でしたね… 最大のダメダメな理由はシーグフリードでしょうね。
動機・目的がまったく不明で、手段に関しても徹底した描写不足なので、見てる方からすればなんでこうなるのか意味不明… 降って湧いた様なピンチなので、緊迫感が非常に希薄…
動機に関しては百歩譲って『ダメダメだぁ~ 死ね、死ね!』で納得できるとしても…
それこそ、どこかの通り魔と同レベルじゃね~か!!

悪役としてのシーグフリードは三流も良いとこでしたね… 徹底した秘密主義?描写不足の設定不足で軸がブレまくり… ってゆ~か、軸そのものがない仕様…
人物背景や設定にまったく制約が無い為に、製作者側に都合の良いように使われていますよね~。
結果、物語の都合の良い様にちょっかいをかけてくるだけ… 悪役としての深みが皆無でした。
その上、魔剣精製中は攻撃を控えてくれるイイ人仕様www

lisa1.jpgaria4.jpg

最終回はシナリオ構成的にもお粗末でしたね。
上記のアリアの死亡フラグも、別に視聴者をハラハラさせる目的ではなく、ラストでセシリーにルークの作った刀を持たせる為の構成でしょうね。あの場面にセシリーを丸腰で立たせる為のアリア退場だったと思われます。
視聴者をより楽しませる目的ではなく、自分たちが作り易いように、都合よく構成されているのが透けて見えます…

今回が最終回って事で、総括レビューは後日書くとして、今思った事を書いておきますと…
作品全体として非常に残念だった事は、世界観の広がりがまったく感じられなかった事ですね。
基本的に1都市の中のさらに小さいコミニティで問題が解決してしまうので、見ようによっては町内会レベルに感じますね。それに伴い、世界の危機といったものが、非常に規模の小さいものに思えてしまいます。
主人公達が都市から一歩も出ないので仕方ないのかも知れませんが、視点を変える等の工夫が欲しかったかな?

シナリオ・構成的には、謎や疑問といったものを提示して、すぐさまそれを明かしていく展開はテンポが良くてGOODでした。
ただ、そのテンポもエルザが出てきた後半辺りから悪くなって、最終話に至ってはグダグダでしたが…
セシリー達主要キャラの描き方としては、内面的にも外面的にも文句無しでしたね~。

一番印象に残ったのは、やっぱBGMですかね。
場面場面でよく合っていて、非常に良い曲ばかりでよかったです。

2期はあるのかな? 本編に対する興味はシーグフリードがダメダメだったので失せてしまいましたが、セシリーがとにかくカワイイので、2期があるなら見たいですが…
では、この辺で。スタッフ・キャストの皆さん、お疲れ様でした!

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
cecily7.jpgcecily4.jpg2ri2.jpgcecily1.jpgcecily3.jpgcecily5.jpgcecily6.jpgdare1.jpglisa2.jpglisa3.jpgluke1.jpgsig2.jpg2ri1.jpgaria3.jpg

関連記事リンク
聖剣の刀鍛治 各話感想  聖剣の刀鍛治 OP/ED動画


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村

DARKER THAN BLACK 流星の双子 ep11 「水底は乾き、月は満ちる・・・」感想 [アニメ 各話の感想 2009年終了作品]

DARKER THAN BLACK 流星の双子-ジェミニ- 第11話 「水底は乾き、月は満ちる・・・」感想です。

旅の終着点であるサンシャイン水族館にたどり着いたスオウ… そこで見たものとは…
そして黒(ヘイ)は、過去の深い傷跡と向き合う決意をする…
三鷹文書に記された『未来の記憶』の最終段階が始まろうとしていた…

『どこかなぁ?らーぶりーチャーン ♪ 』
『さっきの変態野郎だ…』
>変態野郎 激しく同意します!!

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
suou1.jpgtt2.jpg

冒頭からいきなり恋する乙女状態のスオウ!? やはり、男の料理はポイント高いのか!? って訳で第11話です。
前回もう大丈夫だろうと確定と書いた予想すら覆されました Σ(´∀`;) ここまで先が読めないのもある意味凄い!

とりあえず、蘇芳関連の確定情報を纏めてみます。
1.スオウはヘイに恋してる!! (*´∀`*)
2.現在のスオウが生まれたのは、2年前の星が降って来た夜。
3.今のスオウはシオンが生み出した ”シオン” のコピー。
4.2年前に誕生する以前のスオウの記憶はほぼ全て偽りのもの。
5.シオンのコピー能力は完璧ではなく、どこか違う部分がある。
この辺りから導き出される答えは…

oreiu2.jpgoreiu3.jpg

って色々考えながら見ていましたが… マダム・オレイユに全部吹っ飛ばされた!?
なんだ! あのコスチュームは!! カワイイじゃねーか!! しかも、光線銃撃つときに 『えい!』って… (*´∀`*)
今までのシリアスでミステリアスな感じは何処へ… ヤベェ… ギャップ萌えとしてはドストライクです。
その後のマオとのやり取りも面白いww お前ら付き合ってたのかよww マジで意表を突かれました ^^;
マダム・オレイユに思考力を根こそぎ奪われたので、今回は当たらない予想は止めておきます。

inn1.jpgsuou6.jpg

鎮目弦馬と繋がっていたのはCIAなのか? それとも、組織のダブルスパイなのか??
そもそも、今更アメリカがなんちゃらとか、CIAとか出てきても… 尺が…
覚醒した銀(イン)もなにやら、凄い怖いし… 葉月とヘイの戦いもどうなったのやら…
そんでもって、いきなり瀕死っぽいシオン!? マジで先が分らん… どう収拾つけるんだろう??

hey1.jpghazuki2.jpg

これ絶対次クールありますよね。
ホワイトアルバムやガンダムOO方式で間隔あけて。次のデュラララ!!が2クールらしいから夏再開かな?
DVD販売もその頃に最終巻が出るだろうし… OVAが重要な鍵みたいだし…
買わざるを得ない… まさに孔明の罠!? ジョン・スミス的には孫子の罠か!!

では次回… いよいよ最終回! どう決着を着けるのか非常に楽しみです。
つか、このアニメが池袋で終わるのは何かの意図があるのか? 偶然? 最後に首なしライダーとか出て来たりして

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
misaki2.jpgjuly1.jpg2ri1.jpggenma1.jpgjon1.jpglori1.jpglori2.jpgmao1.jpgmisaki4.jpgoreiu1.jpgoreiu4.jpgsion1.jpgsuou2.jpgsuou4.jpgsuou7.jpgsuou9.jpg3nin1.jpg

関連記事リンク
DARKER THAN BLACK 流星の双子 各話感想  DARKER THAN BLACK 流星の双子 OPED動画


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村

けんぷファー ep12 「Weihnachten -臓物たちの奇跡-」 感想 [アニメ 各話の感想 2009年終了作品]

けんぷファー -KÄMPFER- 第12話 「Weihnachten -臓物たちの奇跡-」 感想です。

無限に広がる大宇宙。
この宇宙にあるものは、原子で構成されています、つまり、全ての存在が生きているといってもいいでしょう。
小石だって、草だって、アメンボだって、臓物アニマルだって、全てが生きているのです!
星よ、私たちを照らしてください。鳥よ、私たちのために歌ってください。森よ、私たちの命の糧を与えてください。闇よ、私たちに輝く夢を見させてください。
サンタクロースよ、私たちに、たった一日の奇蹟を――

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
eye2.jpgeye1.jpg

遂に臓物アニマルズメイン キタ――(゚∀゚)――!! …でも、縫いぐるみのままで良かったのに…って訳で第12話です。
え~… やりたい放題の公式MADですね。お疲れ様でした。

4nin1.jpg4nin5.jpg

うーん… 感想って… なにもねーな!? Σ(´∀`;)
ある意味、このアニメを象徴する最終回でしたね。いい幕引きだったとは思います。

sizuku5.jpgmikoto2.jpg

つか、カンデンヤマネコin雫はヤバイですね… 破壊力ありすぎ… 一撃でKOされました… \(^o^)/
チッソクノライヌin水琴も良かったですね~。本来の水琴とはギャップがあってGOOD。
逆に、セップクウサギin紅音はキャライメージがあまり変わらなかった印象ですね。
後は… シズカちゃんは誰に入ってもワカメちゃんなんで、最初から違和感なんて感じません!

akane2.jpgkaede7.jpg

まったく意味不明なシナリオでしたが、キャラクターの動かし方は上手いですね~。
キャラの特徴や軸の部分をしっかり掴んでから動かしてますよね、これは、全編に渡って貫かれていました。
ナツルもヘタレで一貫してましたしね!
キャラ表現に関しては、良い作品だったと思います。

まとめレビューは後日書くとして、今回の感想ですが… 特になし! ある意味、いい最終回でした。
では、スタッフ&キャストの皆さん、お疲れ様でした~。

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
naturu8.jpgsizuku7.jpg2ri1.jpg2ri2.jpg3nin2.jpg3nin4.jpg4nin2.jpg4nin4.jpgakane3.jpgakane4.jpgkaede2.jpgkaede5.jpgkaede8.jpgkaikei1.jpgmasumi1.jpgmikoto3.jpgmikoto5.jpgmikoto6.jpgnaturu2.jpgnaturu3.jpgnaturu7.jpgnaturu9.jpgnaturu10.jpgneko1.jpgsizuku2.jpgsizuku4.jpgsizuku6.jpgyoujo1.jpg3nin3.jpg

関連記事リンク  けんぷファー OP/ED 動画  けんぷファー 各話感想


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村

聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) ep11 「真実 -Truth-」 感想 [アニメ 各話の感想 2009年終了作品]

聖剣の刀鍛冶 -The Sword Blacksmith- 第11話 「真実 -Truth-」 感想です。

過去の無念を悔やむルーク。罪を反映する事しか出来ないリサ。
リーザの事を知り、力になれない自分に憤るセシリー。
そして、ヴァルバニル会議でルークに向けられる代表たちの言葉と、それを贖罪として受けるルークだが…
自分の想いと共に、セシリーは過去の真実を見つける!

『目を覚ませ!ルーク・エインズワース!!』

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
eye1.jpgcecily6.jpg

セシリー、男前だよ、セシリー (*´∀`*) って訳で第11話です。
なんだかんだで、結局予想通りの予定調和な回でしたね…
でも、セシリーの格好良さ、リサの健気さが良く出ているエピソードでもありました。

cecily3.jpglisa5.jpg

しかし、セシリーさん。『私は頭が悪い!!』 って豪語したわりに、ちゃんと正解に辿り着きましたね!!
でも、最も重要な観点が抜けてますよね~
「何故、ルークは生きているのか?」「何故、リサにヴァルバニルの血が入っているのか?」って部分…
リサが出現しただけで皆助かるなら、一家に一人リサを用意すれば「ヴァルバニル恐れるに足らず!」 ですね。
つか、聖剣なんて無くとも、リサで封印できるんじゃね?

… はっ! もしや、セシリーはリサやルークに疑いが向かないように、わざとヴァルバニルの血に関しては伏せた?
頭が悪いなんてトンでもない! セシリーはとても気の利く良い娘です! …って事にしておこう。

kuro2.jpgaria2.jpg

遂に表に出てきたシーグフリード! ちょっとしたルークの挑発に乗るなんて、小者臭がプンプンしてます…
悪役としては、かなり物足りないキャラ設定ですよね…
行き当たりばったりの計画とか… 自分コレクションの魔剣を見せびらかしたいだけじゃないの?
今までの悪事が何かの布石として、後で収束するのかな?それなら良いけど…

今回はシナリオ構成的にかなり不満の残る回でしたね。
ラスト前なのに盛り上がりも何も無く、バレバレの謎解きにもなっていない謎を解く展開…
セシリー、アリア、リサの良さは大分出ていたので、その点は評価したいですが…
今回にバトル的クライマックスをを持ってきて、謎解きはエピローグに後回しでも良かったような気がしますね。
原作どおりなら仕方が無いのかも知れませんが、アニメは一度区切りをつける以上、何らかの工夫が欲しいです。

次回はいよいよ最終回! なんとなく、尺が足りずに駆け足詰め込み展開臭がしますが… 期待して待ってます!

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
cecily4.jpglisa1.jpg17sai2.jpgaria1.jpgcecily1.jpgcecily2.jpgcecily8.jpgkuro1.jpglisa3.jpglisa6.jpglisa7.jpgluke1.jpgsig2.jpgcecily7.jpg

関連記事リンク
聖剣の刀鍛治 各話感想  聖剣の刀鍛治 OP/ED動画


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村

DARKER THAN BLACK 流星の双子 ep10 「偽りの街角に君の微笑みを・・・」感想 [アニメ 各話の感想 2009年終了作品]

DARKER THAN BLACK 流星の双子-ジェミニ- 第10話 「偽りの街角に君の微笑みを・・・」感想です。

スオウは、母の話から過去に隠された秘密を知る。ショックを受けたスオウの小さな身体は震えた。
しかし、唯一の心の拠り所の黒は姿を消したまま… 予言された未来が近づいていた。

『俺はお前の事しか知らない』
『コピーも何も… 俺にとっての蘇芳はお前だ… 蘇芳。』
… こんなセリフを臆面も無く、サラっと言っちゃう所がモテモテな理由なんですね! 黒さん!!

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
hey3.jpgmisaki3.jpg

耀子ちゃん… なんでよ! 死亡フラグ無かったじゃん!? 不意打ちに弱いんだよ…俺… って訳で第10話です。

いよいよ、謎や伏線が収束に向けて加速し始めましたね~。今回で私の立てた仮説は、かなりの部分が崩されたので、ここらで一度、頭をリセットして整理してみます。

mama1.jpgsion2.jpg

スオウはシオンが能力で作り出したコピー。これは確定しました。
今のスオウは8年前の死亡直後に作られた。紫苑は8年前にはすでに契約者になっていた。これも確定。
スオウの記憶に偽りの部分がある。2年前の星の降る夜うんぬんも偽り?
シオンとスオウの出生そのものに、何らかの計画が関与している可能性大。ゲート出現に関係してるかも。

これらを踏まえ、現在の混乱の元である「イザナギ・イザナミ」に関する仮説を再び… (^^ゞ
まずは、三鷹文書に記されている、「イザナギ」「イザナミ」はシオンとスオウ。
各機関の呼ぶコードネーム上の「イザナギ」はシオン「イザナミ」は銀(イン)、立ち位置的な「イザナギ」は黒(ヘイ)
うお!? 訳わかんねぇ (^^ゞ え~と、イザナギ・イザナミはそれぞれ二人います。全部で4人。(あくまで仮定)

inn1.jpgsuou1.jpg

シオン・スオウ・ヘイ・インの4人ですね。これは、神話のどの部分を表すのかによって、組み合わせが変わる可能性があります。例えば、黄泉の国まで会いに行くイザナギがヘイ、イザナミがイン。
会った後、黄泉比良坂を閉じて争いを始めるイザナギ・イザナミがシオンとインって感じです(生む能力と殺す能力)
今後のストーリー展開次第では、スオウ消失、ヘイが探し始めるって展開もあるかも??

次は、耀子たんを殺した、憎き犯人についての考察…
まずは、当然ヘイは除外。必要な情報を手に入れているし、殺す動機も無い。つか、ありえない。
で、耀子の遺体に拷問されたと思しき箇所が多々あるので、拷問の果てに殺されたと推測します… (ToT)
この観点からも、ヘイはシロ。登場のタイミングからマダム・オレイユが怪しいですが、情報を求めて拷問ってのは考えにくいし、ヘイが聞き出したタイミングで知る手段があるので、シロでしょう。

現状で一番怪しいのは、やはり鎮目弦馬。現在イザナミが秘匿されている事、耀子が居場所を知っている事を知っている、イザナミの居場所を探っている、などなど、容疑多数。
耀子が羽田にいる情報をリークしたのが、鎮目だとすれば、全てつじつまが合います。
最初からヘイに耀子を攫わせる計画であれば、耀子に予め発信機なりを持たせておけば、居場所の特定も可能。
よって、犯人は 「鎮目弦馬」 お前だ!! 次回で、ヘイにやられちまえ!!
さらに、前回までは鎮目弦馬と繋がっているのは、マダム・オレイユかと思っていましたが、今回、しきりに「組織」の名称が出てきているので、鎮目弦馬は組織の契約者と考えるのが妥当ですね。

youko2.jpgyouko3.jpg

今回は、ホントに様々な謎が明かされましたね~。マオの本体の事とかww でも、それでさらに謎が…
マオの本体があらびきミンチになった時は、誰が狙われたんでしょう? 博士?シオン?マオ? これはさすがにヒントが少なすぎる… 「組織」 関係はまだまだ情報が少なくて全貌がわかりません…

さらに、気になるのは、前回から契約者らしからぬ描写のある 「葉月水無」 ですね。
耀子が言っていた、『止めないと… 葉月さんが…』ってセリフも気になりますし、葉月に背景設定があるのも気になる… 彼女は三号機関の1契約者ではない、なにか別の役回りが用意されているかもしれませんね。

つか、そんな事よりも、今回のスオウは可愛すぎる!! (*´ω`*)
『ありがとう… ヘイ…』 とか、ヤバすぎる! その声で 『ヘイお兄ちゃん』 とか言い出したら完全に別アニメになりますね。それはそれで、見てみたいですが…
ただ、これは… なんとなく1話を思い出しますね。ターニャを…

では次回、第11話「水底は乾き、月は満ちる・・・」 いよいよ、残す所もあと2回! どんな結末だろうか…
私的には、スオウの立ち位置が、三鷹文書にある、シオンに遭わせてはいけない、イザナミ。さらに、シオンから生み出された、アマテラスにも見えるので、シオンに遭った上でのスオウ消失ENDっぽくなるような気がしてます
今回、月が出てきたので、天岩戸っぽくラストで太陽が無くなると予想!!

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
2ri2.jpgsuou9.jpg2ri3.jpg2ri4.jpg2ri5.jpg2ri6.jpggenma1.jpghaduki1.jpghey4.jpgmao1.jpgmao3.jpgmisaki2.jpgoreiu1.jpgoreiu2.jpgpict1.jpgsion3.jpgsuou2.jpgsuou5.jpgsuou6.jpgsuou7.jpgsuou8.jpgyouko1.jpgmao2.jpg

関連記事リンク
DARKER THAN BLACK 流星の双子 各話感想  DARKER THAN BLACK 流星の双子 OPED動画


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村

けんぷファー ep11 「Wahlen -歓喜の歌-」 感想 [アニメ 各話の感想 2009年終了作品]

けんぷファー -KÄMPFER- 第11話 「Wahlen -歓喜の歌-」 感想です。

蝉が鳴いてます。蝉っておいしいんですかね。
せっかくの夏休みだというのに、ナツルさんが珍しく悩んでいるようです。
どうやら白のケンプファーについて悩んでいるようですよ。
雫さんから、白のケンプファーを操っている人が誰かを聞かされたみたいですね。
いよいよ、真実が明らかになるのでしょうか! 黒幕は誰なのか、モデレータとは何者なのか! ケンプファーはなぜ戦わなくてはならないのか! 蝉はおいしいのか!

『男って、ホント使えなーい』
…… 瀬能ナツルに関しては、反論する言葉が見つかりません… Orz

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
eye2.jpgsizuku2.jpg

なんと言うか… ホントに一気に決着つけてきましたね! 本編なんて飾りです、偉い人には… って訳で11話です。
とは言え、比較的本編に沿った形?で決着したのかな?超展開だった割に、矛盾はしてない気がします。

ついに、雫さまがメインヒロインに昇格!? なんか優遇されてますね… 良いキャラなんで仕方ないか。
紅音なんて1話から出ていて、今まで頑張ってきたのに… 途中参加の雫に持っていかれるのか…
でも、私の中では紅音が一番です!!

sizuku11.jpgakane2.jpg

しかしまぁ… 取って付けた様な超展開でしたね~。
しかも、一定の決着がついたように見えて、実はなにも解決していないという… 上手い構成www
作る気になれば、簡単に続編が作れる黄金END! まさに 『お前達が、俺の翼だ!!』 見事でしたwww。
楓がしきりに 『予定変更』 って言ってましたが、製作現場でも予定変更があったんでしょうか??w

kaede4.jpgmikoto9.jpg

しかし、ナツル… 見事なまでに内面的魅力が無さすぎる… ホント使えない…
主人公がヘタレで人間的魅力の無いキャラだと、それに盲目的に惚れているヒロイン達もバカに見えてきます…
最低限の活躍はさせるとか、絶対ブレ無い芯の強さとか、その辺が欲しかったですね~。
現状は完全に足を引っ張っていますよね、ナツルの性格は鈍感なんてもんじゃなく、心が無いようにみえますし…
唯一の主張であった 『沙倉さんが好き』 も、最後に翻してるし… どうなのよ!!

naturu4.jpgakane9.jpg

開始当初は、「性転換・女装物は主人公が一番カワイイ」 の法則通りに可愛く見えていましたが、序盤の早い内に魅力を感じなくなりましたね… 完全にお色気担当、内面的魅力ゼロ。
楓が黒化して評価が高まった今、一番嫌いなキャラになりました ^^
そこで一句 『主人公、チチが無ければ、価値は無し』 おそまつ。

では次回 番外編 「Weihnachten -臓物たちの奇跡-」 ついに、臓物メイン キタ――(゚∀゚)――!! 楽しみです。

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
eye1.jpgmikoto2.jpg3nin2.jpgakane4.jpgakane6.jpgakane10.jpgakane11.jpghitomi1.jpgkaede2.jpgkaede6.jpgmikoto7.jpgmikoto8.jpgnaturu1.jpgrika1.jpgryauka1.jpgsayaka1.jpgsizuku3.jpgsizuku8.jpgsizuku12.jpgsizuku13.jpgsizuku15.jpgsizuku16.jpg3nin3.jpg

関連記事リンク  けんぷファー OP/ED 動画  けんぷファー 各話感想


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村

聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) ep10 「殉情 -Tragedy-」 感想 [アニメ 各話の感想 2009年終了作品]

聖剣の刀鍛冶 -The Sword Blacksmith- 第10話 「殉情 -Tragedy-」 感想です。

自分以外の魔剣と出会い、自らの存在理由を探すアリア。
エルザの正体に気付いたアリアは、彼女にそれを問い質す。

『ヴぁあるヴぁにる~!!』

画像はクリックで原寸大表示出来ます。
eye.jpgcecily3.jpg

今回はオールシリアス構成でしたね。さすがに終盤ともなると、セシリーいじりをしてる暇はないか…ちょっと残念。
やはり、エルザは魔剣でしたね~。つか、魔剣は女性のみなのか??
今回の感じだと老騎士が魔剣になってもおかしくない様な… 女性のみなのも理由があるのかな~?

しかし、アリアは自分の事をまったく知らないんですね。
他の魔剣は自身の事を良く知ってるのに… まぁ物語の構成上仕方ない部分もありますが…
アリアが自身の事をあまり知らないのも理由が欲しいですね。
誕生時の記憶が無い事が、リサに反応しない理由みたいな感じで。ってゆ~か、それが理由か!?
生まれた理由を知らなければ、ヴァルバニルも恨まなくて済むので、リサといても平気! 矛盾しないな!?

aria4.jpgaria3.jpg

で、その魔剣についてですが… エルザが出てきてから、さらに分からなくなりました!?
結局、悪魔契約したのは、老騎士?エルザ?両方?? 老騎士の胸に傷があったので老騎士が契約したのは間違いない様ですが…
悪魔契約は、実行者も贄を捧げるのかな?
エルザの例だと、瀕死のエルザを生贄にして老騎士が契約を実行。その代償として内臓を取られた??
それとも、老騎士自らが自らを贄として、エルザを生み出した? このケースだと老騎士とエルザは対ですね。
老騎士が死ねば、エルザも折れるって事かな? って事は後者の可能性が高いかな?
でも、これだとアリア達のケースの説明になってないですよね…

elsa8.jpglisa1.jpg

そして、ついに明かされたリサの秘密! なんと、リサはリーザを犠牲にしてルークが生み出した!?
『リサは悪魔だ、かつてルークがヴァルバニルから逃げる為に、リーザという幼馴染を使って生み出した悪魔…』
…… マジですか!? Σ(´∀`;)
でも、このシーグフリードのセリフはミスリードを含んでますよね。多分…
リーザが死んで、ルークが生き残り、リサが生まれたって結果だけ見ればまったくその通りでしょうけど、ルークがリーザを犠牲にしてまで逃げようとするとは思えないし。
そもそも、当時のルークは悪魔契約を知らなかったのでは? それに、ヴァルバニルを前にしてビビリまくっていたルークが、冷静にも他人を生贄にして自ら逃げようなどと判断できるとは思えません。

ここはやはり、リーザの意思とヴァルバニルの思惑が絡んでいると思った方が、すんなり納得できますね。
とにかくルークを助けたいリーザの思いと、封印を解く手段として、自らの一部を外界に出したい?ヴァルバニルの思惑が一致した結果、リサが生まれ、ルークが助かった。って感じですかね。
ルークは何も知らずに、リーザに言われるがまま悪魔契約を行い、結果リーザを犠牲にして助かった。
だからルークは、ヴァルバニルを憎むのではなく、自分を許せない自分が憎い。これならすんなり納得出来ますが… どうだろう?

そして、このアニメ最大の謎?が、某巨乳メガネっ娘委員長よりもなんでもよく知っているシーグフリードさんです。
奴に関しては、現状はほぼノーヒント状態なんで、良く判りませんね… ヤザンと仲が悪そう?くらいです。

では次回。いい感じにシリアスが盛り上がって来たので、ここらでテコ入れにギャグキャラ出そう! とかは止めて下さいよwww

画像はクリックで原寸大表示出来ます。
elsa3.jpgcecily5.jpgaria1.jpgaria2.jpgcecily1.jpgcecily4.jpgcecily6.jpgelsa5.jpgelsa6.jpgelsa7.jpghatena1.jpglisa2.jpgluke1.jpgaria6.jpg

関連記事リンク
聖剣の刀鍛治 各話感想  聖剣の刀鍛治 OP/ED動画


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村

DARKER THAN BLACK 流星の双子 ep9 「出会いはある日突然に・・・」感想 [アニメ 各話の感想 2009年終了作品]

DARKER THAN BLACK 流星の双子-ジェミニ- 第9話 「出会いはある日突然に・・・」感想です。

東京に辿り着いたスオウ。カメラマンだった母の写真集を手がかりに、都内のあちこちに残された足跡をたどる。
ついに、ゲートの近くにある母のマンションを見つけるが…。

『最低ですよ!テコ入れだかなんだか意味不明!あんなギャグキャラ、今更何処に需要があるってんですか!!』
『ざけんじゃねーよなー!折角いい感じでシリアスに盛り上がって来たっつーのに!!』
『もう!生かしちゃおきませんよ!あの監督!!』

…… 自分たち事ですね。判ります。

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
july1.jpgkiko2.jpg

ジュライ、カワイイよ、ジュライ (*´∀`*) って訳で第9話です。
今回は大分気を抜く事が出来ましたね、前回のターニャショックで減ったHPをかなり回復できました。
松吉やキコも面白かったですが、なんと言ってもジュライが良かった! セリフが無いのに、存在だけで癒されるww
女装を筆頭に、出てくるカット一つ一つが面白くて癒されましたwww
中身がオッサンになったペーチャも、最近可愛く見えるようになって来ましたが…

とは言え、完全に気を抜く事が出来ないこのアニメ、今回も随所に伏線や謎が散りばめられていましたね~。
三鷹文書やアンバーのメッセージ、マダム・オレイユの動向など等… 謎だらけ…
そして、ジュイス改めスオウママ・牧宮 麻子の爆弾発言!!! なんともはや… 結局、現在混乱中です ^^;

unber1.jpg3nin1.jpg

つか、このアニメは1クールで終了なんですね Σ(´∀`;)
当然シナリオは収拾つかないだろうから、いったん区切って、DVDの販売が終わる頃に再スタートかな?
TV版は謎を残したまま一区切り、例のOVAで種明かしって寸法か!? 買うしかねーじゃねーか… Orz

Blu-Rayは予約済みなので、例のOVAは楽しみに待つとして、現状で気になった事をまとめて書いておきます。
まずは、鎮目弦馬について。 前々から怪しいと思っていましたが、今回、さらに怪しい描写が…
耀子と葉月が羽田に居る情報をリークしたのは、鎮目弦馬かもしれない。
契約者が興味本位とも取れる動機で動くとは思えないので、誰かの依頼で動いていると思います。
最有力はマダム・オレイユと繋がっている線。
三号機関の動向と完全に秘匿されてしまったイザナミの所在の調査。
この仮説でいくと、マダム・オレイユも全てを知っている訳ではない。と定義できる。

suou8.jpgtt2.jpg

二つ目、ジュイス… じゃなかった ^^; スオウ・ママの爆弾発言! について。
蘇芳は2年前に死んでいて、紫苑が作り出したコピーの可能性があるって思っていましたが、なんと8年も前に死んでいた!? なんとまぁ… でも、これでスオウがシオンに生み出されたものって可能性が高まりました。
ただ、7話の感想に書いた仮説では、矛盾してくるので立て直してみます。

スオウが2年前の星が降ってきた夜に生み出された。って点は動かさない事にします。
その時点で、スオウは存在しないので、コピーではなく、新たに生み出された生命と考えます。
スオウのオリジナルの復活ならば、5歳前後の容姿が妥当なのに現在のシオンと同年齢…
って事は、今のスオウは、死んだ当時のスオウをベースにシオンの6年を足した、ハイブリッドかもしれない。
一人称が 「ぼく」 なのは、その影響??

suou11.jpgmao1.jpg

もう一つ、別方向からの仮説を立ててみる。
今までの仮説を維持、スオウのみを特例とし、2年前に降って来た ”流星核” がシオンの能力に感応して、現在のスオウを形作った? シオンの能力はあくまでも、コピー限定とする。
さらに、突っ込んで、 「三鷹文書のイザナギ」 はシオンでもスオウでもなく、”流星核”を指している。と仮定。
流星核はスオウを形作る核になっている。よって、イザナギはスオウの中にある。
シオンは、スオウが囮と見せかけて、実は自らが囮になっている??

紫苑たちの目的は、蘇芳に試練を与えて成長や覚醒を促しているのかも? 現在のスオウは第一形態で、後2回くらい変身が残ってるかもww
ターニャを殺したのもその一貫。もしくはターニャが何かに気が付いたから… ライフルの左右とか?
でも、ターニャがスオウの利き手を知らない事は無いだろうし… これは蛇足かな… ターニャの死を意味の有る物にしたい、私の希望的観測です…

流星核=イザナギ から生み出されたって事で、蘇芳と紫苑をアマテラスとツクヨミに例えられるかも??
イザナミ(イン)に遭いたい遭いたいって泣き喚くスサノヲはヘイかも?
…かも? ばっかりだ!? 全然纏まんね~!! って当たり前ですね ^^; でも、あれこれ考えるのは楽しいですw

ただ一つ言えるのは、主人公なのに、一連の事件の真相から最も遠い所に居るように見えるスオウですが、
全ての伏線がスオウに向かって収束するのではないか? って考えは、今では確信に近いです。
最大のキーは紫苑でも黒でもなく、蘇芳なのは間違いないと! …… 主人公だから、当たり前ですね… ^^;

では次回。とりあえず、年内で終わりみたいですが、来年に続きが有るとしても一定の区切りはつけると思うので、次回からはかなりスピードアップしそうですね!
私の仮説がまったくの見当違いだった事が判明するのが楽しみだ~ Orz でも、それが快感!? (*´ω`*)

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
mama2.jpghey3.jpg2ri1.jpg2ri4.jpgall1.jpghaduki2.jpghey1.jpgkiko3.jpgkiko4.jpgkurasawa1.jpgmama3.jpgmisaki2.jpgmisaki3.jpgoreiu2.jpgsuou4.jpgyouko2.jpgsuou2.jpg

関連記事リンク
DARKER THAN BLACK 流星の双子 各話感想  DARKER THAN BLACK 流星の双子 OPED動画


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村

けんぷファー ep10 「Falle -ひと夏の経験-」 感想 [アニメ 各話の感想 2009年終了作品]

けんぷファー -KÄMPFER- 第10話 「Falle -ひと夏の経験-」 感想です。

プールに遊びに来たナツルさんたちは、温泉に花火に恋のさや当てにと、夏を満喫しているようですね。
でもナツルさんの様子がおかしいです、どこか上の空なような……
そんなナツルさんは、大胆にも、雫さんの部屋に行き、そして――、ああっ、ダメです、これ以上は私の口からはいえません。ナツルさんが大胆にあんなことを。雫さんが大胆にそんなことを。
さらにすごく大胆な、白のケンプファーが! え、白のケンプファー?

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
eye2.jpgsizuku6.jpg

終盤にきての雫さまの追い込みがハンパない!! 果たして紅音は人気NO.1(私の中で)の座を守れるのか!?
って訳で、第10話です。
デレモードに入った雫の破壊力はハンパ無いですね~、今回もかなりやられました… (*´∀`*)

しかも、今回はお風呂回です。相変わらずのKEEP OUT商法ですが、Blu-Rayを買ってしまいそうです… (^^ゞ
もうちょっと紅音と雫のカットがあったら、考える事無く本能のままにポチっていた所だよ… あぶねぇ…

sizuku8.jpgakane9.jpg

そして、ついに黒化した 「沙倉 楓」 … 怖ぇーよ… ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
でも、怖いのはビジュアルだけ… 喋ると怖く感じないのは何故だ?? ランカだからだ…… Orz

楓が自らの意思でケンプファー達を戦わせているのか?それとも、楓もモデレーターに操られているだけなのか?気になる所ですね…
操られているとかだったら、今回のナツルのように声優の演じ方で大体判るのですが、楓に限っては判別不能!?
演出の仕方とかで見ると、楓が自立的にって線が濃厚ですが、それだと次作が作りにくい…
操られていて、黒幕が他にいた!? って線なら次作が非常に作りやすいですが… 果たしてどっちだ!!

kaede4.jpgakane5.jpg

ってゆ~か、シナリオが破綻してますよね。これ…
原作は読んでないのですが、原作もこんな感じなんでしょうか?
ただ、このアニメの良い所は 「ストーリーの本筋なんて、ただの飾り。偉い人にはそれが判らんのですよ」 的な考えに沿っていて、終始一貫してドタバタエロコメディを貫いていますね。その点は凄く評価出来ます。
某プリンセスラバーのように、視聴者をブッチギリで置いて行くシナリオ展開ではなく、あくまでもメインはキャラクター達であり、ストーリーはキャラを動かす為の道具に過ぎないってスタンス。
こういった作風ならば、たとえシナリオが破綻して超展開が始まろうとも、キャラがブレなく、魅力を損なわずに描かれていれば、評価はあまり変わりませんね。私の場合ですが。

って書いた途端に、視聴者をブッチギリで置いて行く超展開が始まったりするのが、アニメの怖い所ですが…
大丈夫ですよね? 今後もちょっとエロくてカワイイ紅音や雫さま達を見せてくれますよね? 期待してますよ!!

akane7.jpgakane1.jpg

所で、Bパートの頭あたりの紅音とナツルが部屋に帰ってきた後の臓物アニマルズ達とのやり取りの後で、
ハラキリトラ 『あの、所でナツルさん…』
ナツル 『判ってるよ…』 ってやり取りは、シリアスバトルアニメならば
ハラキリトラ 『あの、所でナツルさん…(沙倉さんには、気をつけてください…)』
ナツル 『判ってるよ…(判ってる、今度は油断しないさ…)』 って取るのが良いと思いますが。

このアニメならば
ハラキリトラ 『あの、所でナツルさん…(例のアレが見たいんですが…)』
ナツル 『判ってるよ…(そう言えば、もう夕方の6時半だったな…)』 って取るのが正しい解釈ですよねww
で、その後、痺れをきらしたハラキリトラの空気を読まない発言と… www
あれはハラキリトラが割って入らなければ、キスはしたんだろうか? しちゃいそうな感じだったけど… 頑張れ紅音!

では次回 第11話 「Wahlen -歓喜の歌-」
いよいよクライマックス! 残りの尺も少ないので、楓なんかちゃっちゃと倒して、臓物アニマルズで1話か副委員長が出てくるエピソードをお願いします orz

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
naturu3.jpgmikoto4.jpg2ri1.jpg2ri2.jpg2ri3.jpg2ri4.jpg2ri5.jpg2ri6.jpg3nin1.jpgakane4.jpgakane6.jpgakane11.jpgeye1.jpgkaede1.jpgkaede3.jpgmikoto2.jpgmikoto5.jpgnaturu1.jpgnaturu2.jpgsiro1.jpgsiro2.jpgsiro3.jpgsiro4.jpgsizuku4.jpgsizuku5.jpgsizuku9.jpgsizuku13.jpgsizuku14.jpgtt.jpg

関連記事リンク  けんぷファー OP/ED 動画  けんぷファー 各話感想


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
前の10件 | - アニメ 各話の感想 2009年終了作品 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。