So-net無料ブログ作成
QLOOKアクセス解析
アニメ 各話の感想 現在放映中 ブログトップ

神のみぞ知るセカイ ep2 「あくまでも妹です/ベイビー・ユー・アー・ア・リッチ・ガール」 感想 [アニメ 各話の感想 現在放映中]

神のみぞ知るセカイ 第2話 「あくまでも妹です/ベイビー・ユー・アー・ア・リッチ・ガール」 感想です。
神のみぞ知るセカイアニメ版公式サイトhttp://kaminomi.jp/index.html

桂馬の妹を名乗り同じクラスに転校してきたエルシィは、桂馬の家に同居すると宣言!
すべては未だこの街に潜む駆け魂を捕まえる為… 次なる駆け魂は誰の中に…!?

『お兄様は凄い人なんです!』
『今に、お兄様は、この世の全ての女性の憧れになるんですから~!!』

ぐは!? こ、これはイタイw イタすぎるよww

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)


案の定、前回のヒロインは絡んできませんでしたね… 今後もスルーなのかな?
話の形式上、物語が進めば進む程ヒロインが積み上がっていくので、切り捨てて行くのが基本かな…
ちょっと勿体無い気もしますね。 って訳で、神のみぞ知るセカイ 第2話 感想です。

いや~、エルシィ可愛いw なんて純真なんだww でも、悪魔ですよね? いいのか? アレでww
この作品はギャルゲのオマージュって事なんで、当然真のヒロインはエルシィですよね! トゥルールートってヤツですね。



全体的にテンポが非常に良かったですね。 テンポが良いとギャグとかも面白く感じるので良い傾向です。
2本立てにしてるので、尺としても丁度いい感じですね。
週刊マンガの1話でTVアニメ30分は吊り合わないと思うので、この選択はベストかな。
一連の動きとして見せる分、アニメの方が進みが早いのは当然ですからね。
無理に1話・1放送で間延びするよりも、詰めてテンポ良くした方がアニメの特性も活かせるし、結果もついてくるような気がします。



お話の方は、あからさまなテンプレ・ツンデレが出てきましたが、ここはちょっと捻って来るのかな?
作中で 『300人は見た』 って言ってましたが、それこそ300人じゃすまないくらい、巷に溢れたキャラですよねw
ここのオチをどう着けるのか? この作品独特の面白さが出てくるのか? 期待したいです。

では次回 第3話 FRAG3.0 「ドライヴ・マイ・カー」 FRAG3.5 「パーティーはそのままに」

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)


関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
神のみぞ知るセカイ ep1 「世界はアイで動いてる」 感想記事



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(23)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:アニメ

百花繚乱サムライガールズ ep2 「裸体転生」 感想 [アニメ 各話の感想 現在放映中]

百花繚乱サムライガールズ 第2話 「裸体転生」 感想です。
百花繚乱サムライガールズアニメ版公式サイトhttp://www.hyakka-ryoran.tv/

『よし! では、始めるとしよう、まずはその服を全て脱いでもらうぞ』
『え!? 恥ずかしいよ…』
『幸村さん、さすがにそれは…』
『何を言っておる! 服を着せる時にお主が確認しておけば、改めてこの様な事をする必要は無かったのじゃ!』
『伊達や酔狂で脱げと言っておるのではない』

おっぱいアニメの必然ですね。わかります。

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)


「マスターサムライ」 か… こうやって見ると、「イマジンブレイカー」 やら 「リーディングシュタイナー」 とかの
”厨二的” ネーミングセンスも意外と重要なんだなって思いますねw
「マスターサムライ」ってのは流石に華がないかも。 って訳で、百花繚乱サムライガールズ 第2話 感想です。

柳生 ”フラグ立てまくり” 宗明 くん… な、なんだコイツw あからさまにもの凄い勢いでフラグ立てていきますねw
でも、芯は強そうだしイイヤツなんで、未だに 「平川大輔」 さんにつきまとう ”某誠氏ね” のイメージを一掃できるキャラになるかも?



大体予想通りにテンプレ的キャラ付けされた登場人物が多い感じだったのですが、「後藤又兵衛」 のキャラが掴めないw 良い意味でww
『べーたさん』 とか言われて照れるとかw ノーマークだったべーたさんに俄然興味が湧いてきた!

今回は少なかったですが戦闘描写がありましたね。
おっぱいと共にメインになるであろう戦闘シーンですが、まずまずと言うか予想以上に良かったです。
メリハリの効いたスピード感もそうですが、文字通り空間を駆け上がって行く演出などもGOODでした。
十兵衛と半蔵の圧倒的戦力差も上手く表現出来ていた印象です。



スカウターはやっぱ凄いですね! この作品の使い方が上手いとかじゃなくて、概念自体が凄いです。
本来は相対的にしか表現できない ”強さ” を数値で見せてしまうマジック!
超人パワーかスカウターか、何が最初かわかりませんが、ゲーム的表現を漫画に持ち込んだ先人はホントに凄いと思いますね。

この作品のもう一つのメインと言うべき ”おっぱい” ですが、これもまた良かったw
出来の悪い作品はGIFアニメ的な感じでやっつけてきますが、この作品の ”乳揺れ” にはこだわりを感じましたw
ラストの十兵衛ちゃんの揺れ方は特筆物w こっち方面の期待度も俄然アップですねw

では次回 第3話 「剣姫の正体」
そういえば、マスターサムライって他にも居るって言ってましたね。出てくるのかな?

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)


関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
百花繚乱サムライガールズ ep1 「はじめての忠」 感想記事



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ

俺の妹がこんなに可愛いわけがない ep2 「俺が妹とオフ会に行くわけがない」 感想 [アニメ 各話の感想 現在放映中]

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第2話 「俺が妹とオフ会に行くわけがない」 感想です。
俺の妹がこんなに可愛いわけがない アニメ版 公式サイトhttp://www.oreimo-anime.com/

視聴者限定プレゼント企画! ニコニコ動画で公募された1000曲以上の中から選ばれたテーマ曲(第2弾「shine!」90秒ver.)の着うたを期間限定でプレゼント! 番組携帯公式サイトへアクセスして以下のキーワードを入力して下さい
キーワード  「オフ会」

クリアを命じられたゲームを進めていないことを問い詰められた京介は、桐乃にはオタク趣味を隠すことなく話せる友人が必要だと考える。
幼なじみの麻奈実からのアドバイスで、SNSのオタク系コミュニティに登録し、コミュニティの管理人から誘われたオフ会に参加する桐乃だが…

『はぁ~… なんだ、この感覚… 達成の波の後に押し寄せる諦観にも似た静けさ…』
『まさに俺、今、賢者の境地…』

賢者モードですね。分かります。
ですが、まだまだ甘いですね京介さん… 賢者モードには2種類あります。 それは…

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)


このアニメ、細部の作り込み具合がハンパ無いですね。
秋葉原の街並み、それっぽい同人誌、フィギュア等々。 商品のレイアウトやPOPなんかもまさにアキバ!って感じになってました。
画面で見るとアキバの街並みがなんだか広く感じるな~って思ったら、人の描画が少ないからなんですよね。
私が行く時はもっと混雑していて、狭苦しく感じるので ^^;
でもこれ逆の捉え方をすると、それだけスケールも忠実に再現出来ているって事になりますよね。 凄いな~。
とゆ~訳で、俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第2話 「俺が妹とオフ会に行くわけがない」 感想です。



田村麻奈実ちゃんの可愛さは異常w 1話もそうだけど、ちょっとしか出て来ないのに、私のハートをがっちり掴んで離さない! あのワンシーンでどれだけ癒された事かw

今の所、桐乃の方はツンケンした部分しか見せてこないので、麻奈実の癒しキャラっぷりが際立ってますねw
狙ってるんだとしたら思惑通りですw
ヒロインである桐乃には共感できる所が多々あって、それが逆に痛いw 心が痛くなる描写があるんです… Orz
そこを、すかさず麻奈美ちゃんや京介、今回の沙織・バジーナなんかが癒してくれるので、絶妙なバランスですねw

今回初登場の沙織さんは良い人ですね! オタク系良い人典型みたいなw とにかく寛大で気配りさん。
言葉使いや服装はアレですが背も高いし、これはお約束のドレスアップしたら超美人って設定なんでしょうねw
バジーナだけに、出自はイイトコのお嬢様だけど今は訳あって潜伏中で、妹がいて、赤いクルマに乗ると3倍のスピードが出るんですよね。わかります。



そして、黒猫ちゃん! くーちゃんとは正反対の毒舌 「花澤香菜」 キャラ (゚∀゚)キタコレ!!
てゆ~か、「厨二」 設定の女の子キャラって斬新ですねw
物語の作中で言動が厨二になってしまってるってキャラは多いですが、厨二と設定されて、そのまま描かれてる女キャラは初めてだw なんか面白いw … ってゆ~か、客観的に見せられるとイタイ… Orz

この痛みがこの作品のキモになるかもしれませんね。
視聴者や読者を桐乃や黒猫へ共感させ、その心の痛みをクローズアップさせて描き、その痛みを具体的な問題へ変化させて京介に解決させる。
現実の自分として 「桐乃」、 理想の自分として 「京介」 を配置してるんじゃないかな? あくまで内面ですが。
で、この二人が協力して問題を解決する事で、視聴者・読者の感情移入を倍化させる効果があるんじゃないかと。
2話を見て漠然と思っただけなんで、根拠はゼロですけどね ^^;

こう思ったのは、高坂京介がラノベ系高校生主人公としては ”出来すぎてる” って感じたからですね。
ヤツはイイお兄ちゃんすぎるよ! Σ(´∀`;) 器デカいし面倒見良いし! ヘタレかと思ったらどんでもないw
コイツだったらモテモテでもおかしくない。 CVが 「中村悠一」 さんなのも納得です。



で、桐乃ちゃんの兄に対する態度を見てると、フラグが立ってる様にしか見えないんですが… 実妹ですよね?
桐乃が金髪碧眼なのは、イラスト的色味の都合じゃなくて、いろんな方面への予防線??
原作はどうなんだろ? アニメはどう見ても 「お兄ちゃん大好き」 にか見えないんですけど… 私の気のせいか?

まぁ、コメディメインだろうから、序盤はクローズアップしないだろうけど、この辺は個人的に期待したいかも!
お兄ちゃんの取り合いともなれば、現在大きくリードしてるであろう麻奈美ちゃんの出番が増えるかもだし。

ともあれ、背景・小物の緻密さキャラの動き等の作画面もハイクオリティですし、益々期待値が高まってきますね!

では次回 第3話 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 …ってタイトルそのままじゃん!?
こうゆうのって最終回とかに良くありますけど、まさか序盤で? もしかして重要な回かも?
てゆーか、記事のタイトルが「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」ep3「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」感想 …とかになるんですけどw
知らない人が見たら、なんのこっちゃですねww

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)




関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
俺の妹がこんなに可愛いわけがない ep1 「俺が妹と恋をするわけがない」 感想記事

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(12)  コメント(2)  トラックバック(4) 
共通テーマ:アニメ

とある魔術の禁書目録Ⅱ ep1 「8月31日(さいごのひ)」 感想 [アニメ 各話の感想 現在放映中]

とある魔術の禁書目録Ⅱ2期 第1話 「8月31日(さいごのひ)」 感想です。
とある科学の禁書目録アニメ版公式サイトhttp://www.project-index.net/

舞台は東京西部の巨大な都市「学園都市」。
人口の8割が学生で、超能力を発言させるための特殊なカリキュラムが組まれている。
主人公・当麻は落第寸前の高校生。ある日、彼の部屋に純白の修道服のシスターがいきなり空から降ってきた。
彼女は“魔術”の世界から逃げて来たという。
自らを『禁書目録』(インデックス)と名乗る彼女を追って、魔術師が現れるが・・・

『そんなくだらねぇ幻想を… みんな纏めてブチ壊しに行こうゼ!!』
相変わらずの上条節w 2期になってもウザさは健在ですなww

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)


今期期待の新アニメ、ようやく登場! 個人的にイマイチ食い付きが悪い今期のラインナップの中で、放送開始前から期待していた作品です。

相変わらず原作は未読です ^^; 1期アニメはスピンオフのレールガンを含めて視聴済みです。
原作はいつか読もう、いつか読もうと思ってるのですが、既巻22巻ってのがどうにも手を出しづらくてw
なので、アニメで出てきた以上の事は分かりません。
設定が複雑で特殊な作風だけに、見当違いな事を書くかもしれませんが、それはそれであしからず。
とゆ~訳で、とある科学の禁書目録Ⅱ2期 第1話 「8月31日(さいごのひ)」感想です。



ファミレスで不審者が暴れてるというのに、逃げも騒ぎもせずに警戒しながら席も立たずに見てるだけとは… 相変わらずの 「学園都市」 クオリティw やはり皆が皆異能力者なんで、危機対応能力が一般人とは違うのだろうか?
ともあれ、また此処に戻ってくることが出来ましたね!

イキナリ名前も背景も判らない敵キャラが出てきた割には、主要キャラ紹介や設定など上手く表現出来ていて、今期から入った人にはさっぱりでしょうが、1期を見た人にとっては十分な導入だったと思います。
まぁ詰め込んだ分、敵キャラである譲治さんの描写がお座なりでしたけどw



相変わらずの上条節と、何故か大事な場面になると必ずセリフで説明を始める所が不安材料ではありますが、女の子キャラを可愛く見せることにかけては、これも相変わらずのハイクオリティなので1期同様に楽しめそうです。

音楽も相変わらず良いですし、 ともかく、1期やレールガンを踏まえて尚 「相変わらず」 と表現できるような、続編としては上々の滑り出しではないでしょうか。

では次回 第2話 「????」 なんだっけ? 上条ちゃんが言ったような気がするけど… 字で表して下さい!
ただでさえ、ルビがないと読めない漢字ばかりなのに…

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)




関連記事リンク  アニメOP/ED集目次ページ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(13)  コメント(3)  トラックバック(11) 
共通テーマ:アニメ

神のみぞ知るセカイ ep1 「世界はアイで動いてる」 感想 [アニメ 各話の感想 現在放映中]

神のみぞ知るセカイ 第1話 「世界はアイで動いてる」 感想です。
神のみぞ知るセカイアニメ版公式サイトhttp://kaminomi.jp/index.html

“落とし神” の異名を持つ桂木桂馬は突然エルシィに地獄の契約を結ばされる。
桂馬は人間の心のスキマに巣食う “駆け魂” を捕まえるため、現実の女を恋に落とすことに…

『短パンの陸上部も、ゲームじゃありえない! …ブルマじゃないと動けないな』

うはw 同じことを思ってしまったww まぁ、ブルマは最近のゲームじゃ殆ど無いですけどね… Orz

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)


2010年 秋の新アニメ、我がブログの第3弾は 「神のみぞ知るセカイ」 で行ってみたいと思います。
今季は個人的なキラーコンテンツがなく、作品数だけは多い状況で、どれを観ようか散々迷いました。
とりあえず見られる作品は片っ端から見ていく、無計画極まりない暴挙に出る始末w
そんな中、1話を見終わった段階で単純に 「面白い」 と思ったのがこの作品ですね。
とゆ~訳で、神のみぞ知るセカイ FLAG. 1.0 「世界はアイで動いてる」 感想です。

原作は未読です。
でも、この作品を選んだのは、漫画原作の方がアニメ化のハズレが少ないって消極的な理由もあります ^^;
同じ ”画” で表現する関係上、メディアとしての相性は高いと思います。 まぁ、ハズレはありますけどねw
文章を映像で表現しなければならない小説原作よりは、アニメ化のハードルは低いかなと。



個人的に最もアニメ化が難しいと思ってるのが いわゆる ”ギャルゲ” ”エロゲ” の類です。
大概の作品は基本的に周回プレイ前提の設計ですし、ルート分岐のパラレル表現が一般的です。
繰り返し遊ぶ事が前提のゲームなら当たり前の事ですが、これをアニメで表現する事が本当に難しい。
多数のヒロインを登場させ、そのエピソードをちょっとずつ紹介する、もの凄く薄っぺらな内容になったり、主人公が複数を同時攻略する不都合を避けるべく、複数主人公にしてみたり、パラレルルートそのものを分割して描いてみたりで、どの作品もなんとか面白く表現しようと試行錯誤しています。



トゥルールートがある一本道のシナリオならば話は別ですが、ヒロイン攻略型のゲームはホントに難しいと思う。
翻って、この 「神のみぞ知るセカイ」 のコンセプトはまさに、そのギャルゲーw
ギャルゲの表現の難しさは漫画もアニメも変わらないと思いますが、この作品は設定で上手く表現してますね。
ヒロインが記憶を無くして、主人公は覚えてるのは周回プレイをするプレイヤーそのものですし、ギャルゲの根幹を上手く表現できてるな~と思いました。

ただ、この方法で行くと、 ギャルゲ特有の弱点である 「ルートが孤立してるが故に、ヒロイン同士の絡みが少なくなる」 部分が解消できないかもしれないですね。
まぁ、ギャルゲをネタにしたコメディが基本の様なので、その辺はささいな事ですが。



1話としては、分り易く設定や世界観を説明出来ていて、良かったと思いますね。
ちょっと進みが速いようにも思いましたが、これもテンポが良いとも言えるかもしれない。 まだ始まったばかりなので何ともですね。
個人的に主人公になんとなく共感できてしまうのがツボですねw おかげでギャグも面白く感じるww
初回で判断するのは早計ですが、作画も良いですし、意外に音楽が凄く良かったのが好印象ですね。

では次回 第2話 FLAG. 2.0「あくまでも妹です」 FLAG. 2.5「ベイビー・ユー・アー・ア・リッチ・ガール」

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)


関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
神のみぞ知るセカイ ep2 「あくまでも妹です/ベイビー・ユー・アー・ア・リッチ・ガール」 感想記事



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(6) 
共通テーマ:アニメ

百花繚乱サムライガールズ ep1 「はじめての忠」 感想 [アニメ 各話の感想 現在放映中]

百花繚乱サムライガールズ 第1話 「はじめての忠」 感想です。
百花繚乱サムライガールズアニメ版公式サイトhttp://www.hyakka-ryoran.tv/

美しい国『大日本』。
だがその美しさを羨み、我が物にせんと列強諸国は幾度となくその地を侵す。
だが、その度に立ち塞がる大日本の守護神“サムライ!”『百花繚乱』、それは美しきサムライ達が織り成す、気高き魂の物語である。
時は平誠二十某年。長きに渡り大日本を統治する徳川幕府が霊峰富士の裾野に開いた巨大学園都市“武應学園塾”では、武家の子女が集い、大日本の次世代を担うため日々勉学と武術に励んでいた。

『美しい国、大日本』

… う~ん?? なんか、こんな事言ってた総理大臣がいたような? いなかったような??

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)


2010年 秋の新アニメ! 我がブログの感想記事 第2弾は 「百花繚乱サムライガールズ」 で行ってみたいと思います!
ってもう初回放送から一週間たっちゃってますけど ^^;
なんで、こんなにもタイミングがズレたかと言うと、今季アニメの視聴作品選定が難航してるからです Σ(´∀`;)
「零の軌跡」 が面白すぎてハマってるからじゃないですよ?)

今季は放送開始前から視聴確定していた作品は 「禁書2」 と 「俺妹」 の2作品のみ。
ブログで感想を書いている関係上、後2~3作品は欲しい! でも、どれもイマイチピンと来ない…
じゃあ、1話を見てから決めてみよう! って訳で、私の環境で視聴可能な作品の1話を見てから選んでみました。



まぁ、やってみて改めて分かった事は、「1話を見たくらいじゃ面白さが判断できるはずもない」って事ですね ^^;
どれもこれも捨てがたく、かと言って強烈に惹きつけるものもない状態で、この作品を選んだのは偏に 「悠木碧」 がメインヒロインだから (*´∀`*)
そして、最近は個人的にご無沙汰だった 「釘宮理恵」 が出てるからです。
とゆ~訳で、百花繚乱サムライガールズ 第1話 「はじめての忠」 感想です。 ちなみに原作未読です。

うん! 素晴らしいテンプレ。 どっかで見たような設定に既視感ありありのキャラクターですねw
こういった作風は現状、巷に溢れてるのでどうしても似通った印象を受けてしまいますね。
そんな中で如何に 「独自色」 を出していけるか? って部分が大事だと思うのですが、まずは 「絵柄」 で差別化を図ってましたね。



水墨画? 浮世絵? 調の背景が独特で、綺麗でした。
背景がセピア調で統一されているので、人物がより映えていた様に思います。
今後、もっと明るい色使いのキャラが出て来て動くと、もっと良くなりそうな気がしますね~。

ストーリー的には始まったばかりでさっぱりですが、何となく見た事あるようなテンプレなので、補完は出来ますねw
どの分野のテンプレートも大体は 「手順の省略」 または 「品質の均一化」 に使うものですが、アニメでも意外と効果的に使えますよね。
テンプレに当てはめて展開させれば、例え描写不足でも何となく別の似た様な作品で補完できてしまう。
キャラにしても、貧乳ロリおでこちゃんに釘宮ボイスでそれっぽいセリフを言わせれば 深く掘り下げずともキャラ付けは出来てしまいますしw
歴史上の人物をモチーフにするのも、ある意味テンプレになりますしねw



ものは使いようで、テンプレ的に思ったように展開させて先入観を与えておいて、後でわざと外してギャップを演出。
なんて事も出来ると思うので、今後の描き方次第かな?

何はともあれ始まったばかり、作画・演出・音楽面も期待できそうですし、なんと言っても メインヒロインの 「柳生十兵衛」 が戦闘モードと通常モードの二面性がありそうで、2通りの 「悠木碧」 が楽しめる、一粒で二度美味しい作品になりそうでありますw

では次回 第2話 「裸体転生」 柳生新陰流究極奥義。

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)


関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
百花繚乱サムライガールズ ep2 「裸体転生」 感想記事



にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:アニメ

俺の妹がこんなに可愛いわけがない ep1 「俺が妹と恋をするわけがない」 感想 [アニメ 各話の感想 現在放映中]

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第1話 「俺が妹と恋をするわけがない」 感想です。
俺の妹がこんなに可愛いわけがない アニメ版 公式サイトhttp://www.oreimo-anime.com/

視聴者限定プレゼント企画! ニコニコ動画で公募された1000曲以上の中から選ばれたテーマ曲(第1弾「妹プリ~ズ!」90秒ver.)の着うたを期間限定でプレゼント! 番組携帯公式サイトへアクセスして以下のキーワードを入力してください
キーワード  「桐乃」

ごく普通な男子高校生・高坂京介は、数年前からスポーツ万能、学業優秀な妹・桐乃とはろくに挨拶もかわさないという冷え切った関係になっていた。
ある日、京介は萌えアニメのDVDケースが玄関に落ちているのを発見する。興味に駆られた京介が持ち主を探すと、それは意外な人物のものだった…

『だから! た、例えば、こうゆーのあたしが持ってたら… おかしいと思うかって言ってんの!!』

・・・・・・・・・・・・・・・・・ え、え~と… ”R-18” ですよ?

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)


毎年恒例、番組改編・新番組の季節到来! って事で、早い作品は先週から始まってる様ですが、2010年秋クール新アニメ! ウチのブログの一番手は 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」 で行きます。

原作未読で前情報も殆どなしです。 原作が売れてるって事を知ってるくらい ^^;
とにかくキャラクターデザインがカワイイのと、あずにゃんの中の人 「竹達彩奈」 がメインヒロインって事で視聴決定。



初回って事もあるし、原作も全然知らないので人物やら舞台やらも殆ど知らない状態からのスタート。
大体の作品は初回に字幕入れたり主人公のモノローグ入れたりで、登場キャラ紹介! みたいな展開が多いですが、この作品はそれを全く行わず、物語の核である 兄と妹のキャラと位置関係 の描写に注力してましたね。
ここは上手いと思いました。 今後の中心になる 兄妹 をまず印象付けて、サブキャラは追々絡ませて行くパターン。
1話で出て来たはいいけど、その後全く出番なしの主人公の男友達とか多いですからねw
余計な情報を入れず、まずは物語の基礎である兄妹の関係をしっかり見せたのは高評価です。



話の内容としては、アレですね… 耳が痛いと言うか… 胸がチクチク痛いと言うか… ニヤニヤしてしまうと言うかw
同じエロゲタワーが部屋にある身としては、コメントしにくいですw
あのパッケージのリアルさはなんだw 特定厨でなくとも特定出来ますよw School Daysとかまんまだしww
ゲームパッケージ制作協力って… w エロゲ業界全面バックアップですか!?
あの妥協なきリアルさとチョイスの定石さに、早速引きこまれましたw
更に、その後の桐乃の言動に親近感w この辺はオタク文化を扱う作品の強みかなって思いますねw



流石に初回だけあって、作画は綺麗でしたね~。動きも綺麗で文句無し!
シナリオは人を選ぶ感をヒシヒシと感じますが、間違いなく私は選ばれた民であると思うので、今後も楽しめそうですw

では次回 第2話 「俺が妹とオフ会に行くわけがない」 って事は行くんですね。わかります。

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)




関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
俺の妹がこんなに可愛いわけがない ep2 「俺が妹とオフ会に行くわけがない」 感想記事

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(34) 
共通テーマ:アニメ

屍鬼 ep1 「第遺血話」 感想 [アニメ 各話の感想 現在放映中]

屍鬼 第1話 「第遺血話」 感想です。

TVアニメ版 「屍鬼」 公式サイトhttp://www.okiagari.net/

人口約1300人の小さな集落、外場村。
外部とは国道1本でしかつながっておらず、周辺から隔絶されたようなこの地には、まだ土葬の習慣が残っている。
ある日、山入地区で3人の死体が発見された。
その死に村の医者の尾崎敏夫は不審を感じるが、事件性はないとされ、通常の死として取り扱われた。
しかしこれ以降、村人が一人、また一人と死んでいく。これは偶然か、疫病なのか、それとも…

周囲から隔離された集落・外場村。都会に憧れる清水恵の関心は、都会からの転校生・夏野と、新築された洋館だけ。ある日、恵は洋館に向かった後、姿を消した…

『こんな村… 早く出てってやるんだから!!』
さすが、ピンク… 見事な死亡フラグの立て方でしたね…

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
tt1.jpgmeg1.jpg

2010年 夏クール新アニメ ノイタミナ枠の新作、私は原作小説・漫画とも未読です。
夏とゆーコトで、今期はホラー系統が多いですね。 その中で、一つは観てみようと思い立ち今作をチョイス。
私を惹きつけた最大の要因は ソラヲトの ノエル と大魔王の ころね で現在、私の中で絶賛大ブレイク中の 「悠木 碧」 出演作だから!! って訳で 屍鬼 「第遺血話」 感想です。

グロ・ホラー・サスペンス。 あまり好んで観るジャンルではないですね。 ミステリー寄りのサスペンスは大好きでアニメに限らずよく観てますが。
この作品は 「ひぐらし」 の土台? みたいな物と聞いたので、ミステリ要素もありそうなので期待しています。

meg10.jpgmeg12.jpg

ただ、この系統の作品を楽しむに当たり、個人的に致命的な弱点があるのが懸念材料ですね…
どうにも、私は 「メイン女性キャラが ”突然” 殺される」 シチュエーションに弱い Σ(´∀`;)
まぁ、そのトラウマの適用範囲は凄く限定的で、滅多に発動しないんですが、一度発動すればショックがでかい!
具体例を挙げれば、FFⅦのエアリスやフルメタ 「燃えるワンマンフォース」のナミですね~ あれは痛かった…
続きをプレイ・読めないどころか、リアルにも多少の影響を及ぼすくらい凹む…

前もってフラグが立っていれば、全然平気なんですが… あくまでも ”突然” の不意打ちに弱い感じですね…
その点、この作品は前もってフラグを立てるようなので、平気かな? とも思っています。
逆に、ガンダム系とかが意外とヤバかったりするんですよねw チェーンとかフレイとか…

そんな訳で? 感想いってみよう!
う~ん… 正直、微妙… キャラデザ・主題歌・演出・テンポ それぞれズレていると言うか、なんと言うか、マジ微妙w
キャラデザはこの際、置くとしても、演出とテンポのズレはどうなんだろう?
1話の内容が、「清水恵」 にスポットを当てたものだったので、恵の周囲から浮いている、ズレている事を狙った演出とも取れますけど。
実際、恵の描写で背景から浮き上がって見える描写もあったし、この辺が狙いなのかな? とも思ったり。

つ~か、正直、このテンポで今後も進むのはちょっとヤダなってのが本音ですが… (´∀`;)

2ri1.jpgisya2.jpg

この作品は軸となる主人公を置かず、村を軸とした群像劇的な構成のようですね~。
それぞれ、バラバラに動き、情報を得、収束していく感じでしょうか?
個人的に 「尾崎敏夫」 に期待ですね! なんか、カッコ良さそう。 逆にヒロインカラーであるピンクのくせに早々に死んでしまった 「清水恵」 はどうなのよ! なんか、まだまだ出てきそうですがね! ゾンビ化とかで!

始まったばかりで、正直出だしとしても微妙な感じですが、このような作風の場合、謎が明らかになったり、別の視点で物語が見えたりすると俄然面白くなってくるので、序盤がつまらないのは仕方ないとも言えますね。
そういった意味では、今後に期待感が高まる1話だったとも言えます。

てゆ~か、悠木碧キャラの「桐敷沙子」が出てこない事には私的には何も始まりませんのでw

では次回 … Gackt はまだか!? www

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
aki1.jpgbouzu1.jpghige1.jpgkana2.jpgkaori1.jpgmeg4.jpgmeg11.jpgmeg13.jpgnatu2.jpgneko1.jpgtarako1.jpgkaori2.jpg

関連記事リンク
アニメOP/ED集目次ページ
屍鬼 OP/ED動画

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アニメ
アニメ 各話の感想 現在放映中 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。