So-net無料ブログ作成
QLOOKアクセス解析

けんぷファー ep11 「Wahlen -歓喜の歌-」 感想 [アニメ 各話の感想 2009年終了作品]

けんぷファー -KÄMPFER- 第11話 「Wahlen -歓喜の歌-」 感想です。

蝉が鳴いてます。蝉っておいしいんですかね。
せっかくの夏休みだというのに、ナツルさんが珍しく悩んでいるようです。
どうやら白のケンプファーについて悩んでいるようですよ。
雫さんから、白のケンプファーを操っている人が誰かを聞かされたみたいですね。
いよいよ、真実が明らかになるのでしょうか! 黒幕は誰なのか、モデレータとは何者なのか! ケンプファーはなぜ戦わなくてはならないのか! 蝉はおいしいのか!

『男って、ホント使えなーい』
…… 瀬能ナツルに関しては、反論する言葉が見つかりません… Orz

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
eye2.jpgsizuku2.jpg

なんと言うか… ホントに一気に決着つけてきましたね! 本編なんて飾りです、偉い人には… って訳で11話です。
とは言え、比較的本編に沿った形?で決着したのかな?超展開だった割に、矛盾はしてない気がします。

ついに、雫さまがメインヒロインに昇格!? なんか優遇されてますね… 良いキャラなんで仕方ないか。
紅音なんて1話から出ていて、今まで頑張ってきたのに… 途中参加の雫に持っていかれるのか…
でも、私の中では紅音が一番です!!

sizuku11.jpgakane2.jpg

しかしまぁ… 取って付けた様な超展開でしたね~。
しかも、一定の決着がついたように見えて、実はなにも解決していないという… 上手い構成www
作る気になれば、簡単に続編が作れる黄金END! まさに 『お前達が、俺の翼だ!!』 見事でしたwww。
楓がしきりに 『予定変更』 って言ってましたが、製作現場でも予定変更があったんでしょうか??w

kaede4.jpgmikoto9.jpg

しかし、ナツル… 見事なまでに内面的魅力が無さすぎる… ホント使えない…
主人公がヘタレで人間的魅力の無いキャラだと、それに盲目的に惚れているヒロイン達もバカに見えてきます…
最低限の活躍はさせるとか、絶対ブレ無い芯の強さとか、その辺が欲しかったですね~。
現状は完全に足を引っ張っていますよね、ナツルの性格は鈍感なんてもんじゃなく、心が無いようにみえますし…
唯一の主張であった 『沙倉さんが好き』 も、最後に翻してるし… どうなのよ!!

naturu4.jpgakane9.jpg

開始当初は、「性転換・女装物は主人公が一番カワイイ」 の法則通りに可愛く見えていましたが、序盤の早い内に魅力を感じなくなりましたね… 完全にお色気担当、内面的魅力ゼロ。
楓が黒化して評価が高まった今、一番嫌いなキャラになりました ^^
そこで一句 『主人公、チチが無ければ、価値は無し』 おそまつ。

では次回 番外編 「Weihnachten -臓物たちの奇跡-」 ついに、臓物メイン キタ――(゚∀゚)――!! 楽しみです。

画像はクリックで原寸大表示出来ます。(1920×1080)
eye1.jpgmikoto2.jpg3nin2.jpgakane4.jpgakane6.jpgakane10.jpgakane11.jpghitomi1.jpgkaede2.jpgkaede6.jpgmikoto7.jpgmikoto8.jpgnaturu1.jpgrika1.jpgryauka1.jpgsayaka1.jpgsizuku3.jpgsizuku8.jpgsizuku12.jpgsizuku13.jpgsizuku15.jpgsizuku16.jpg3nin3.jpg

関連記事リンク  けんぷファー OP/ED 動画  けんぷファー 各話感想


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
他の人の感想→にほんブログ村
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(11) 

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 11

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。